ネットウォッチャー

インターネットのニッチな話題に特化したニュースサイト

【ローガン・ポール】アメリカの人気YouTuberが青木ヶ原樹海の首吊り死体を動画にアップし炎上、謝罪に追い込まれる

アメリカの人気YouTuberが来日の際に海外でも「自殺の名所」として有名な青木ヶ原樹海で動画を撮影する企画を実行しましたが、その時不運にも自殺者の首吊り死体を発見、あろうことかこの死体を写して動画にアップしてしまいます。

この行為について「狂っている」と批判が殺到、このYouTuberは動画の削除と謝罪に追い込まれました・・

以下のその経緯をざっくりと紹介するものです。

2017年から2018年へ変わる年末にアメリカの人気YouTuberのローガン・ポール(Logan Paul)が来日

ちなみにチャンネル登録数340万で現在22歳の人気ぶりで、年収は1億をゆうに超えていると推測されています。

その企画の1つとして自殺の名所として知られる「青木ヶ原樹海」でのキャンプを計画

当時は複数の別のYouTuberたちと一緒に動画を撮影していました。

車で山梨県内の樹海に向かうポール一行

ノリノリな感じですね・・

やってきました樹海!

キャンプセットを樹海に持ち込んで野宿をするのでしょうか?

枕も持参?

日本人ガイドの方も一緒です!

ところが・・・

首吊り自殺の死体を発見してしまう・・・

以下、閲覧注意で・・

死体を見つけてなぜかニヤニヤする一行

不謹慎なレベルで興奮するポール

胸糞な感じ・・

あろうことか死体とのツーショットをサムネに動画を投稿してしまう・・

もちろん動画は大炎上し、ポール側は動画を削除

ちなみにこの動画は削除されるまでに、通算100万回以上も再生されたそうです。

ポールは批判を受け、謝罪文を自身のTwitterにアップ

現在も批判が殺到している・・・

海外では日本の自殺者の多さと絡められてこの事件が報道されていた。

例えば、このTechCrunchの記事では、日本が世界でも最も自殺者の多い国で、2016年度に2万人を超える自殺者が記録されたことも併記されていました。

ローガン・ポールは日本で数々の迷惑行為を行なっていた。

ローガン・ポールはこの動画を撮影する直前に数々の迷惑行為を東京で行い、その様子をYouTubeにアップしていました。

この顛末については、別の記事にまとめさせていただきました。

詳しくは以下の記事をご覧ください。

ローガン・ポール、レイシストと判明

更にローガン・ポールが過去に行っていたアジア人差別の数々が発見され、更なる批判を浴びています。

YouTubeがローガン・ポールへの処分を発表