42歳で亡くなったプルデンシャル生命のカリスマ営業マンの思想に賛否両論、ここまでやるか?の声も・・

42歳で亡くなったプルデンシャル生命のカリスマセールスマン・甲州賢氏

興味深いエピソードの数々

1秒単位で時間を守る

「はい、甲州です。お電話ありがとうございます。×時まで商談中のため、電話に出られません。×時にこちらから、おかけ直しいたします」

そして、×時きっかりに電話がかかってくる。甲州氏は、1日に何度も、アポイントのたびに、携帯電話の留守番メッセージを更新していたのである。

「電車が止まっても、道路が渋滞しても、遅れてはならない」

甲州氏は大切なアポイントの前日には、それが都内であっても、訪問先まで徒歩圏のホテルに宿泊して備えていたのだ。

体調管理のために天ぷらの衣を剥がして食べる

「古い油でお腹を壊してアポイントに遅刻したら困るから、天丼は衣を外して食べるようにしてるんだ」

ブラック企業の元凶?

そもそも真似できない

おまけ