UTALI

みんなの役に立つ情報をどんどん公開していきます

【感想】実際にAmazon Masterカードを発行して使ってみたので、メリットとデメリットを説明する

自分はよくamazonで買い物をするので、少しでもお得にアマゾンを使う手段はないかな?と思っていました。

普段買い物に使っていたクレジットカードの還元率は1%だったので、そこをもう少し上げられないかな?と考えていたところ、

そこで目に付いたのが、「Amazon Master カード」、

今回はAmazon Mastercardを申し込んで実際に使ってみた感想とメリット、デメリットを語ってみようと思います。

amazonでの買い物はもれなく2%のポイントがつくらしい(プレミアム会員以外は1.5%)

おまけに初回の申し込みには、2000円分のギフト券が付く、年会費は基本的に無料らしい。

初年度は完全無料で、2年目以降も、前年度に一度でもAmazonでの買い物をしていればタダになる。

このカードには2種類あって基本プランのクラシックと上位プランのゴールドがある

比較のための図表は以下の通り

「Amazon Mastercard クラシック」と「Amazon Mastercard ゴールド」の違いについて

Amazon Mastercard Amazon Mastercard クラシック Amazon Mastercard ゴールド
年会費 1380円(実質無料) 10800円(実質420円)
Amazonでの買い物のポイント還元率(通常時) 1.5% 2.5%
Amazonプライム会員の、Amazonでの買い物のポイント還元率(通常時) 2% 2.5%
Amazon PrimeDayのポイント還元率 3% 4%
Amazon以外でのポイント還元率 1% 1%
付帯保険 ショッピング補償のみ ショッピング補償に加え、国内・海外旅行保険も
年齢制限 18歳以上 20歳以上で定職に付いている方
その他 国内空港ラウンジが無料で利用可能

「Amazon Mastercard クラシック」

f:id:mochizuki_p:20170705190025j:plain

f:id:mochizuki_p:20170705185804p:plain

「Amazon Mastercard ゴールド」

f:id:mochizuki_p:20170705190014j:plain

f:id:mochizuki_p:20170705185753p:plain

年会費は実質無料に近い

「Amazon Mastercard クラシック」の年会費は1380円であるが、初年度の年会費は無料で、2年目以降も買い物を一回以上すれば無料になる。

「Amazon Mastercard」を利用したいと思っている方はAmazonでの買い物を日常的に行う方が大半だと思うので、実質無料だと言える。

初年度年会費無料 通常年会費1,350円(税込み)は初年度無料。 ご入会月から起算して12か月後の月末までに1度でもカードを ご利用いただくと、翌年度も年会費無料となります。

Amazon.co.jp: Amazon MasterCardクラシック: generic

また、「Amazon Mastercard ゴールド」の場合は下で説明する3つのポイントを押さえることで、実質420円で利用できる。

ポイント還元率が大幅アップするキャンペーンもある。

Amazonプライム会員限定で、ポイント還元率が大幅アップするキャンペーンが存在する。

それは一年に一度開催されるAmazon PrimeDayのことで、期間中はポイント還元率が大幅にアップする

特にゴールド会員の4%はかなりの高還元率なのでこの機会に欲しいものをイッキ買いしおくとお得だと思う。

f:id:mochizuki_p:20170705190154p:plain

Amazon Mastercardのポイントは手続きなしで、Amazonでのお買い物に使える

高還元を売りにするカードはたくさんありますが、その多くが面倒な手続きが必要だったり、実際はポイントを使用するのが大変だったり、ポイントを失効させてしまったりします。

その点Amazon Mastercardは1ポイント=1円としてAmazonでの買い物にすぐに使えるポイントがもらえるので使い忘れがありません。

未成年の場合は親の同意書が必要

「Amazon Mastercard クラシック」で18、19歳の未成年がカードを利用したい場合は、書面で親の同意書を送るする必要があります。この場合、後で説明する「即時審査サービス」は利用できないので注意してください。

Amazon Mastercard ゴールドの年会費を抑えるコツ

「Amazon Mastercard クラシック」と「Amazon Mastercard ゴールド」の大きな違いは、ゴールドはポイント還元率がより高いが年会費も高い点、でも、この年会費はかなり安く抑えることができる。

そのためには3つのポイントを押さえる必要がある。それは

  1. 「マイ・ペイすリボ」をつかう
  2. Amazonプライムが無料
  3. 「WEB明細書サービス」に変更

1.『Amazon Mastercard ゴールド』は「マイ・ペイすリボ」に設定することで年会費を半額にできる

Amazon Mastercard ゴールドの年会費は10800円とかなり高いように見えるけど、実際はその年会費を半額にすることができる。

それは「マイ・ペイすリボ」を設定すること。

「マイ・ペイすリボ」とは毎月一定額以上カードで支払った場合に、超えた金額を自動的にリボ払いにすること

リボ払いというと怖いイメージがあるが、この「マイ・ペイすリボ」はカードの限度額と同じ金額を設定できる。

つまり、リスクなしで特典だけを利用できるというわけだ。

これで年会費を5400円まで下げることができる。

2. 『Amazon Mastercard ゴールド』はAmazonプライムを無料で利用できる

Amazonプライムは1年あたり3,900円(325円/月)で様々なオプションが使い放題になるお得なプラン

『Amazon Mastercard ゴールド』はAmazonプライムを無料で利用できるので実質的な年会費は3900円引かれて、1500円となる。

Amazonマスターカードを使いたい人はAmazonのヘビーユーザーだと思うので、これに入らない手はないだろうと感じた。

3. 「WEB明細書サービス」でおトク

「WEB明細書サービス」とは紙の明細書を送ってもらう代わりにWeb上で明細書を確認できるようにするサービスのこと

これを利用するようにすると年会費が「1,080円」割引になるので、最終的な年会費は420円になる。

まとめると『Amazon Mastercard ゴールド』の年会費は実質420円だということになる。

空港ラウンジの利用も可

もちろん『Amazon Mastercard ゴールド』はゴールドカードなので、国内の空港ラウンジの利用もできるし、

以下のような様々な付帯保険が付いている

Amazon Mastercard ゴールド
海外旅行傷害保険
死亡・後遺障害 最高5,000万円
治療費用 300万円(1事故の限度額)
携行品損害 50万円(自己負担:1事故につき3,000円)(1旅行中かつ1年間の限度額)
賠償責任 5,000万円(1事故の限度額)
救援者費用 500万円(1事故の限度額)
海外旅行傷害保険注記 ※傷害死亡・後遺障害補償は、事前の旅費等の当該カードでのお支払い有無により最高補償額が異なります
国内旅行保険
死亡・後遺障害 最高5,000万円
治療費用 入院保険日額 5,000円 通院保険金日額 2,000円 手術保険金 最高20万円
国内旅行保険注記 ※傷害死亡・後遺障害補償は、事前の旅費等の当該カードでのお支払い有無により最高補償額が異なります。
その他付帯保険
ショッピング補償(動産総合保険) 最高300万円(自己負担:1事故につき3,000円)

と至れり尽くせりになっている。

なお、クラシックの審査はweb上で完結するが、ゴールドは書面での申し込みが必要になる。

結局クラシックとゴールドどっちにすべきなのか?

こちらのレビューが参考になると思います。

実質420円でゴールドカードのサービスが受けられるのは魅力ではあるが・・・

プライム会員であることを条件として、ゴールドとクラシックでポイント獲得に420円分の差が付くのは、アマゾンで年間84,000円以上を利用した時。利用額がこれ以下なら、クラシックの方がポイント獲得の面ではお得であると言える。

まとめると、プライム会員なら・・・

・ゴールドカードの付帯サービスに魅力を感じるならゴールドの方が良い。

・付帯サービスに興味がなく、アマゾン内で年間84,000円以上買い物をしないならクラシックの方が良い
・付帯サービスに興味はないが、アマゾン内で年間84,000円以上買い物をするのならゴールドのほうが良い。

ということになる。

Amazon.co.jp: Amazon MasterCardクラシックの Amazonのお客様さんのレビュー

実際に申し込んでみた

そこでこれは!と思い申し込みをする事にした。

こちらのページから、申し込みをする

www.amazon.co.jp

実際に発行しているのは三井住友カード

Amazonの名前を使っているが、実際にカードを発行しているのは三井住友カードである。

だから、三井住友カードと申し込み画面は共通だ。

f:id:mochizuki_p:20170705175225p:plain

このとき入力するのは、

  • 氏名や住所、職業、年収などの個人情報
  • 運転免許証などの身分証明書
  • 銀行やゆうちょの口座

である。

f:id:mochizuki_p:20170705175240p:plain

入力が終わったら、送信する。

ここでポイントなのは、インターネットで引落し口座の設定ができる「らくらく発行」を利用すること、口座をオンラインで設定しておけば、郵送で書類を送ることが不要になり、大幅に時間が短縮できる。

この「らくらく発行」を利用できるのは都市銀行やゆうちょ銀行だけでなく、主要な地方銀行も可能だそうだ。

詳しい情報は以下の公式ホームページから確認できる。

www.smbc-card.com

ちなみに私は「三井住友銀行」の口座を利用して、問題なく設定ができた。

仮カードが発行されたら第一段階は完了

ここではプログラムを使った自動審査があり、もし大丈夫ならば仮のカードが発行される。

f:id:mochizuki_p:20170705175415p:plain

このような画面から・・

無事審査が完了したら以下のような画面になる。

f:id:mochizuki_p:20170705175637p:plain

この時点でamazonでの買い物は可能になり、3万円も枠でショッピングが可能になる。しかし、まだ本審査が済んでいないことに注意、ここを無事通過したとしても、本審査に落ちる可能性がある。これは本審査ではカード会社の社員が、信用情報などを参考に、カードを発行して問題ないかを判断するからです。

1週間程度で審査が通った・・

休日を挟んでいたので、7日程度経過した段階で審査が通過したとのメールが到着しました。

実際に以下のような文面のメールが届きました。

f:id:mochizuki_p:20170705180018p:plain

もし落ちてしまった場合は残念ですが、再申し込みは禁止されていないようですので、しばらく期間をおいてから再び申し込んで見ると通ることがあるそうです。

参考:

Amazon.co.jp: Amazon MasterCardクラシック: generic

Amazon Mastercardの審査は厳しいのか

Amazonカードの審査は比較的厳しいとの評判があります。それはカードを発行している三井住友カードの審査が厳しいことで有名だからです。

もちろん「Amazon Masterカード」のようなサードパーティ(三井住友ブランドを使っていない)のカードと、三井住友の名前を冠したプロパーのカードでは、審査の厳しさも異なり、サードパーティのカードの審査は、やや緩めになっている可能性があります。

参考程度に自分の属性を晒しておくと、学生で、仕送りなどを除く年収は100万円以下という身分です。

私は事前に楽天カードやYカードなどで1年以上クレヒスを溜めておいたことも、審査に通過した理由だと思います。

Amazonマスターのレビューページの情報から見ると、年収や職業よりも、延滞歴やクレヒスを見ているのではないかと考えました。

本カードの発行が決まった時点で、2000ポイントが利用可能になる

このときにログインした状態で、Amazonのホーム画面に移動すると、

Amazonポイントが2000プラスされていることがわかります。

f:id:mochizuki_p:20170705181513p:plain

このポイントは、1ポイント=1円として買い物に使うことができるので、無料で二千円がもらえたことになります。

実際に使ってみた感想

メリット:2%の還元率は大きい

「Amazon Mastercard クラシック」を実際に発行して使ってみた感想としては、やはり2%の還元率は非常に大きいということです。

仮に年間100万円をAmazonに使っていたとしたら、Amazon Mastercardに変えるだけで、4万円をタダでもらえる計算になります。2%やそれ以上のポイント還元率のあるカードは、実は数多くあるのですが、ポイントの利用手続きが面倒だったりして、実際はポイントを余らせてしまう危険性があります。

しかし、そこは豊富な品揃えのあるAmazonのことですから、ちょっとした買い物ですぐにポイントを消費できるのが、魅力です。

実際に僕は本や電化製品だけでなく、食料品や日用品もAmazonパントリーを使って買っているので、かなりのポイントを稼ぐことが出来、そのまま次の買い物に利用できるのが魅力的でした。

もちろんAmazon以外でのお買い物も1%のポイントが付くので、コンビニやスーパーでの細かい買い物にもAmazon Mastercardを使っています。

デメリット:特にないが強いてあげるなら・・

今のところはデメリットらしい欠点は感じていませんが、強いてあげるならば、初回のポイント特典が2000円分とやや少なめなところでしょうか?

でも、某ECサイトのカードのように、大量のスパムメールを送ってくることもないですので、そこは我慢しようと思います。

みんなの感想

以下はAmazonのレビューからの引用です。

もっと早く申し込めば良かった…,

他社のカードを何年も使用していましたが…やはりポイントが貯まりづらく、Amazonマスターカードを作ることにしました。クレジットカードを増やすのは嫌だったのですが…Amazon専用に使えばいいかなぁと代引きやコンビニ決済をしても何の特にもならないとわかり決意しました。プライム会員にもなりこんなに買い物をしていたのだからもっと早く申し込めば良かったとつくづく思いました。使いすぎないように気を付けて楽しみたいと思います。

37 人中、32人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。

便利ですよ。

Amazonでの買い物が多いので他のクレジットカードから変えました。知らない間にポイントは貯まるし年1回以上使ったら年会費がいりません。 Amazon以外でも通常のクレジット払いで使用しています。年会費が必要なカードや、使用金額上限を超えないと年会費が必要なカード等よりは親切です。お買い上げ明細はスマホで確認できて便利です。

26 人中、23人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。

自動車税もカード支払いにしました。

アマゾンでの少額な買物でも、また公共料金の支払いでもポイントがついてお得感があり便利にそして大変満足し利用ています。

1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。