UTALI

みんなの役に立つ情報をどんどん公開していきます

スマホ代高すぎ・・格安SIMで5000円以上節約しよう!!

最近では格安SIMと呼ばれる通信サービスが普及してきました。

ドコモ・au・ソフトバンクなどの大手キャリアに比較して、平均して5000円以上スマホ代を節約できることが特徴です。

僕は以前auで、月8000円近い通信料を支払っていましたが、格安SIMに乗り換えた結果、月のスマホ代は1000円代にまで抑えることができました。

この格安SIMを提供している事業者(MVNO)は100以上存在し、素人にはどれを選んでいいのか、よく分からないと知り合いや親戚から相談されます。そこで、今まで複数のMVNOを渡り歩いてきた私が格安SIMの選び方とオススメのMVNOを伝授します。

オススメのMVNO

LINEモバイル

コミュニケーションアプリで有名なLINEが提供する格安SIMがこの「LINEモバイル」です。

主要SNSが使い放題

一番の特徴は1110円〜から始めることができて

  • LINE
  • Twitter
  • Instagram
  • Facebook

の通信料が無制限の「コミュニケーションフリープラン」です。

通信量は3GB~10GBの中から選択できて、もし通信量を使い切ったとしても、LINEやTwitterの主要SNSは高速で通信することが可能です。

もちろん通信量を使い切る前にLINEやTwitterなどを使っても一切カウントされないので、毎日TwitterやInstagramなどで時間を潰すことが多い、学生や若者の方には特におすすめできます。

さらに節約したい方には、月額500円でLINEが使い放題になる「LINEフリープラン」があります。

こちらの場合は月額500円〜から利用可能です。

LINEミュージックのユーザーの方には、主要SNSに加えてLINE MUSICの通信量も無制限になる「MUSIC+プラン」もあります。

音楽をストリーミングするとかなりデータ通信が発生するので、こちらを利用すればかなり通信量を節約できるでしょう。

LINE MUSICの使い過ぎで、いつも通信制限がかかってしまうと困っている方におすすめできます。

料金

LINEフリープランの料金をまとめると以下のようになります。最安値のデータ通信専用プランでは、たったの500円です。

LINEフリープラン 料金
データ通信(1GB) 500円
データ通信(1GB) + SMS 620円
データ通信(1GB) + SMS + 音声通話(30秒で20円) 1200円

コミュニケーションフリープランの料金をまとめると以下のようになります。

最安値のプランでは、たったの1120円で、SNSが使い放題です。

コミュニケーションフリープラン 料金
データ通信(3GB) + SMS 1120円
データ通信(5GB) + SMS 1640円
データ通信(7GB) + SMS 2300円
データ通信(10GB) + SMS 2640円
データ通信(3GB) + SMS + 音声通話(30秒で20円) 1690円
データ通信(5GB) + SMS + 音声通話(30秒で20円) 2220円
データ通信(7GB) + SMS + 音声通話(30秒で20円) 2880円
データ通信(10GB) + SMS + 音声通話(30秒で20円) 3220円

MUSIC+プランの料金をまとめると以下のようになります。最安値のプランでは、たったの1810円で、SNSが使い放題、音楽が聴き放題です。

MUSIC+プラン 料金
データ通信(3GB) + SMS 1810円
データ通信(5GB) + SMS 2140円
データ通信(7GB) + SMS 2700円
データ通信(10GB) + SMS 2940円
データ通信(3GB) + SMS + 音声通話(30秒で20円) 2390円
データ通信(5GB) + SMS + 音声通話(30秒で20円) 2720円
データ通信(7GB) + SMS + 音声通話(30秒で20円) 3280円
データ通信(10GB) + SMS + 音声通話(30秒で20円) 3520円

ID検索が利用可能

LINEではIDによるユーザー検索が可能ですが、犯罪防止のため、LINEでは18歳以上の年齢確認をしなければID検索ができない仕様になっています。

格安SIMを利用していると年齢認証ができないためにこの機能を利用することができません。

しかしLINEモバイルでは公式に提供している格安SIMということもあり、ID検索が可能になっています。

これは他のMVNOでは利用できない機能ですので注目したい点です。

友達や家族にデータ通信容量をプレゼントできる

LINEモバイルを使っている友達同士で、余った通信量をプレゼントできます。忙しくてあまりスマホで遊ぶをする時間が無かった月などに、友達にプレゼントを送れば絆がより強くなるかもしれません。

通信速度が高速

MVNOは大手キャリアから通信網を借りて運営しています。

そのため一部のMVNOでは通信速度が極めて遅く、使い物にならないSIMを販売していることがあります。

特にオフィス街のお昼休みの時間帯など、通信が集中する時間帯ではまともに利用できなくなることもあります。

しかし、LINEモバイルは、大手キャリアに匹敵するくらいの高速の通信速度を確保しているのです。

初月の月額基本料無料

LINEモバイルの利用を開始した最初の月の月額基本料は無料となります。

どんなに高いプランを選んだとしてもです。

さらに詳しい説明は公式サイトから

ここまでの説明でLINEモバイルに興味を持ったのであれば、以下のバナーをクリックして公式サイトに移動すれば、もっと詳しい情報があります。申し込みもこちらからできますので、とりあえず見てはいかがでしょうか?

au端末もそのまま使える mineo

関西電力グループが運営しているMVNOがmineoです。

f:id:mochizuki_p:20170628171601p:plain

最大の特徴はau端末でそのまま利用できるSIMを用意していることです。

格安SIMの大半はドコモの回線を使っているのでauの端末にSIMをそのまま挿しても利用できません。

iPhone7などはSIMロックを解除することでドコモ回線用のSIMを利用することが可能になります。

最大30GBまで、ヘビーユーザーにもおすすめ

mineoのプランで特徴的なのは、データ通信容量が最大30GBまで利用できることです。

これはYouTube動画に換算すると120時間分ですので、相当なヘビーユーザーでも満足できる容量です。

ここまで大容量のプランを用意しているMVNOは少ないので、注目すべき点でしょう

SMSが無料で使える

SMSはSNSの登録などに必要になることが多い機能なので、基本的につけるべき機能だと思います。

格安SIMではSMSの利用には追加の料金が必要になる所も多いのですが、mineoでは無料で利用することができます。

3ヶ月合計2400円割引

現在はキャンペーン中で申し込みから3ヶ月の間、毎月料金から800円引きとなります。つまり合計で2400円分お得となるわけです。

コミュニティサイトを利用することで容量をもらえる

mineoでは、みんなで格安SIMの使い方やわからないことを利用者同士で相談できるコミュニティサイト「マイネ王」を運営しています。

このサイトで誰かの質問に答えると、追加の通信容量をもらうことできます。

f:id:mochizuki_p:20170628164122p:plain

メールアドレスをプレゼント

さらにmineoでは大手キャリアと同じように契約者ごとにメールアドレスが割り当てられます。

@mineo.jpで終わるメールアドレスです。

普通はMVNOではキャリアメールは利用できなくなるので、これは便利だと思います。

料金

mineoの料金をまとめると以下の表の通りになります。

最初にドコモ(SIMフリー)の場合です。

国内の通話は一律で20円/30秒となっています。

mineo(ドコモ)
500MB(SMS付き) 700円
データ通信500MB(SMS付き) + 音声通話 1,400円
データ通信1GB(SMS付き) 800円
データ通信1GB(SMS付き) + 音声通話 1,500円
データ通信3GB(SMS付き) 900円
データ通信3GB(SMS付き) + 音声通話 1,600円
データ通信6GB(SMS付き) 1,580円
データ通信6GB(SMS付き) + 音声通話 2,280円
データ通信10GB(SMS付き) 2,520円
データ通信10GB(SMS付き) + 音声通話 3,220円
データ通信20GB(SMS付き) 3,980円
データ通信20GB(SMS付き) + 音声通話 4,680円
データ通信30GB(SMS付き) 5,900円
データ通信30GB(SMS付き) + 音声通話 6,600円

こちらはau端末用のプランです。

国内の通話は一律で20円/30秒となっています。

mineo(au)
データ通信500MB(SMS付き) 700円
データ通信500MB (SMS付き)+ 音声通話 1,310円
データ通信1GB(SMS付き) 800円
データ通信1GB(SMS付き)+ 音声通話 1,410円
データ通信3GB(SMS付き) 900円
データ通信3GB(SMS付き)+ 音声通話 1,510円
データ通信6GB(SMS付き) 1,580円
データ通信6GB(SMS付き)+ 音声通話 2,190円
データ通信10GB(SMS付き) 2,520円
データ通信10GB(SMS付き) + 音声通話 3,130円
データ通信20GB(SMS付き) 3,980円
データ通信20GB(SMS付き) + 音声通話 4,590円
データ通信30GB(SMS付き) 5,900円
データ通信30GB(SMS付き) + 音声通話 6,510円

とりあえず疑問点があればチャットで相談を

mineoでは公式サイトでチャットでの無料相談を受け付けています。

f:id:mochizuki_p:20170628163951p:plain

とりあえず今の説明でmineoに興味を持ったけど、まだ疑問に思うことがあるという方は以下のバナーをクリックすることで、公式サイトに移動できます。

格安SIMのよくある質問

格安SIMは未だによく知られていないサービスということもあり、いろいろな疑問点を持たれているかもしれません。

そこでここではQ&A方式で疑問を解消できるようなコーナーを設けました。

Q. 格安SIMってどうして安いの?

A.大手キャリアと違い、CMなどの広告宣伝費、直営ショップなどの人件費を使っていないからです。

ドコモやau、ソフトバンクなどの大手キャリアは町の至る所に直営のショップを構えて、顧客のサポートや販売などを行なっています。

それには結構な人件費が掛かります。

しかしMVNOは直接対面で販売することなく、インターネットなどで使ってSIMを送るだけなので、それらの人件費を大幅に削減できます。

Q. 容量を使い切ってしまったら通信できなくなるの?

A.いいえ、普通に通信ができます。

ただし、大幅に通信速度が低下してしまいます。

通信容量内での4G通信の最大速度は225Mbpsと非常に高速ですが、毎月の制限容量を超過してしまうと200Kbpsと、約100分の1にまで低下しまいます。

これでも通常のウェブサイトやSNSを使う程度であれば問題なく利用できますが、動画を視聴するのは難しいでしょう。

Q. 今まで使っていた電話番号は使えなくなるの?

A.使えます。

そのためには元のキャリアに手続きをしてもらうことが必要です。

これをMNP転入と呼びます。

もし格安SIMに移行することを決めたなら、今まで使っていたキャリアに電話やメールで連絡して、MNP予約番号を取得する必要があります。

これはMVNOで今まで使っていた電話番号を利用するために必要不可欠なので、絶対に無くさないようにメモしておきましょう。

そしてMVNOに登録するときに、この番号を入力する欄があるはずなので、これを入力します。

これだけで今まで利用していた電話番号を格安SIMでも利用することが可能になります。

再び別のSIMに乗り換える場合でも同じ手続きをすることで、電話番号を引き継ぐことができます。

手続き自体は30分から一時間程度で完了し、それ以降は普通に通話をすることが可能です。

Q. 格安SIMには欠点もあるんでしょ?

A.安い分、ある程度の欠点もあります。

それは大手キャリアのようにショップでの対面サポートが受けられないことと、大手に比べるとほんの少しだけ、通信速度が遅いことの2つです。

サポートに関していえば、大抵のMVNOではチャットやメールなどでのサポートは受け付けており、普通にPCやスマホを扱える方であれば、対応には困らないはずです。

通信速度には業者によって大きな違いがあり、ひどい所ではほとんどデータ通信ができなくなることもあります。

ここで紹介したMVNOは、ピーク時でも十分な通信速度が出ることを確認済みですので安心して申し込んで下さい

その他のMVNO

その他のおすすめできるMVNOです。

DMMモバイル

UQモバイル

OCNモバイル