UTALI

みんなの役に立つ情報をどんどん公開していきます

多くのブロガー・メディア運営者にとって、はてなブックマーク経由のアクセスは迷惑でしかないという事実について

f:id:mochizuki_p:20170620204359p:plain

はてなブックマークってありますよね。

このブログをホスティングしているのは京都に本社を置くIT企業「はてな」社なんですが、その収益の柱になっているのがはてなブックマークというサービスです。

これはその名の通り、本来は自分が気になったウェブサイトやブログの記事をまとめておいて、後で見られるようにするのが当初の設計思想だったようですが、実際はある記事に対して匿名で意見や感想を投げ交わすSNSのような使われ方をしているのが現状のようです。

このブックマークコメントを残すことを日々の日課としている人々をブクマカーと呼ぶそうですが、それは別として、このサービスは、はてな社はともかく、多くのブログ・Webメディア運営者にとって迷惑でしかないんですよ。いや正直にいうと、ひどいの一言に尽きます。

今回はこの「はてなブックマーク」がクソな理由を、箇条書き形式にして論じてみようと思います。

1. コメントの内容がひどい

はてなブックマークがクソな理由は、これが一番でかいのですが、コメントの内容がとにかくひどい。

何がひどいって、もうとにかくケチをつけるのが趣味みたいな人が巣食っているようで、とにかく記事の内容の粗探しから始まり、強引な難癖の付け方がひどい。

まあ基本的に老害というか、新しいことを始める人間や、世の中を良く変えようとしている人間を見つけて引き摺り下ろしてやろうという根性の悪さがブクマコメントから感じ取れます。

お前タイトルだけ見て本文読んでないだろってコメント多すぎ

個人的に一番腹が立つのは、本文もろくに読まずに、タイトルやブクマコメントの内容からの印象だけで変なコメント書くやつですね。

まあ、具体的にどんなコメントが?って晒すのも大人気ないと思いますので避けますが・・

やっぱり100字のコメント制限ではまともなコメントが残らないのでは?

はてなブックマークがクソな理由の一つにはコメントの文字数が100字に制限されているというのも多いと思います。

やはりというか、長い文章が書けるというのはある程度の知性と品性を備えた人の特権なんですね。

よく考えて見たら、小学校の頃の読書感想文(僕は嫌いでしたが)に最低2,000字などの文字数制限があったのも、良い足切りになっていたと思いました。

別に短い文章しか書けない人間は馬鹿ばかりと言うつもりはないんですがね。

適切な批判をするのは褒めるよりも難しい

いつも思うのですが、一定以上の長さの記事に対して適切な批判をすると言うのは、単純に褒めることよりも実に難しいのですね。

褒めるなんて、適当に「すごーい!」とか言っていればいいのですが、妥当性のある批判をすると言うのは、記事を隅々まで読んで、内容を踏まえて追加の情報をかなり追加しないと成り立たないわけです。

でも、長くて100字程度のコメントでそんなことできるわけないですよね。

2. 広告のクリック率が極端に低い

個人的に一番腹が立つのははてなブックマーク経由のアクセスって広告のクリック率が極端に低いのですね。

嫌儲って言うんですかね?

他人が豊かになることが許せない、そんなさもしい感性の人間が多いのでしょう。

アドブロックを利用している人間の割合も多いと思います。

あのね、広告は見たくないけど、コンテンツだけは利用するって、それ食い逃げと変わらないですよ。

対価は一切払いたくないが、良いコンテンツを無料で使用したいと思っている。

そう言うのって「クレクレ」とか言ってバカにされるのが常識だと思いますが、はてな民の皆さんはどうお思いなのでしょうか?

3. ホットエントリに入る内容が低俗

民度の低いはてなブックマークのことですからホットエントリに入る内容も低俗です。

何ですか?これは

f:id:mochizuki_p:20170620204217p:plain

うわぁ・・

もうねバカかとアホかと、本当に呆れてしまいますね〜

まとめ

インターネットの老害が巣食うはてなブックマークはさっさと滅びるべきである。