UTALI

みんなの役に立つ情報をどんどん公開していきます

京都鉄道博物館で8月11日〜13日に扇形車庫の無料公開と無料コンサート開催! 京の七夕の連携イベントで

「京の七夕」に連携したイベント

JR西日本は7月7日に、梅小路公園会場における「京の七夕」に連携したイベントとして、京都鉄道博物館で京都鉄博SL NIGHT LIVE in 大瀬戸千嶋」を開催することを発表した。

http://www.kyotorailwaymuseum.jp/pdf/summerevent_pc.pdf

無料のコンサートも

日程は8月11日から13日の日曜日までで、18時と19時15分の二階に分けてコンサートを行う。各回は約30分で、18時からのコンサートには博物館の入場料が必要だが、後半のコンサートは無料で参加することができる。

演奏するのは、共に広島出身のサックス奏者・大瀬戸嵩さんとエレクトーン奏者千嶋里志さんの2人で構成されるインストゥルメンタルユニット「大瀬戸千嶋」である。

2006 年、サックス奏者の大瀬戸嵩(おおせどたかし)とエレクトーン奏者の千嶋里志(ちしまさとし)が、地元広島にて結成。 千嶋が創り上げるエレクトーンの世界観と、表情豊かに奏でる大瀬戸のサックスが生み出す大瀬戸千嶋サウンドは、小さな活動から口コミで広がって行き、日本のみならず言葉の壁を越え世界へと発信されている。

歌詞のない多種多様な2 人の音楽は、物語のように心に残り、テレビ、ラジオ、CM などにも多数楽曲が使用されている。 ライブでは二人だけで演奏するスタイルからバンド編成まで、そのステージに合わせ自由自在に形を変える。また、2 人のキャラクターが映えるトークもライブならではの魅力のひとつで、ラジオパーソナリティーとしても活動。

「聴きやすい、親しみやすい、楽しめるステージ」をコンセプトに、サックス&エレクトーンという新たなスタイルは 新世代インストゥルメンタルアーティストとして注目されている。

www.oosedochishima.com

演奏場所は扇形車庫12番・13番線で行う。

鉄道博物館での演奏ということもあり、鉄道を題材にした楽曲「Hiroshima Train」などのオリジナル曲を演奏する予定であるそうだ。

扇形車庫のライトアップも

なお扇形車庫ライトアップと無料開放は8月5日〜6日にも行われ、扇形車庫(8番線から20番線)の蒸気機関車の頭出しとライトアップを行う。また、ライトアップを実施する時間帯(19時から20時まで)には、扇形車庫エリアの無料が実施される。

同時に鉄道博物館では、旧梅小路機関区の扇形車庫のライトアップも行う。幻想的な光に包まれた扇形車庫を背景にした音楽イベントは必見だろう。

参考:

www.westjr.co.jp