UTALI

みんなの役に立つ情報をどんどん公開していきます

北朝鮮に拘束されていたアメリカ人学生 オット・ワームビアが死亡、原因は当局から受けた拷問?

2016年から北朝鮮に拘束されていたアメリカ人学生が2017年6月13日に解放される。

ワームビアさんは13日に帰国して以来、意図的な発語や動作が一切みられず、脳の損傷による持続的な植物状態と診断されていた。

学生の名前はオット・ワームビア(Ott Warmbier)

f:id:mochizuki_p:20170620203859j:plain

https://en.wikipedia.org

2016年に北朝鮮当局のプロパガンダポスターを国外に盗み出そうとした罪で強制労働15年の罪を受ける

アメリカに帰国した時にはすでに「脳に重度の損傷」状態

周りの人間の呼びかけにも一切反応しないいわゆる脳死状態だったようです。

19日午後に死亡

北朝鮮で1年半近く拘束された末に解放され、意識不明の状態で帰国していた米学生オットー・ワームビアさんが、19日午後に入院先の病院で死亡した。22歳だった。遺族が声明で発表した。

https://www.cnn.co.jp/world/35102973.html

正式な原因は不明だが・・拷問の可能性も

原因は不明だが、長期の心肺停止状態で、脳への酸素供給が長く停止した後にこのような植物状態に陥ることが多いとの専門家の指摘があります。

参考:

www.washingtonpost.com

外傷はなかったとのことですので、水責めなど、外傷を残さない方法で拷問にあったのではと思いました。

ボツリヌス菌ではない

ボツリヌス菌を投与されたとの説もありますが、否定的な意見も多いようです。

と言うのもボツリヌス脳症というボツリヌス菌を投与されたあとにこのような脳死状態に陥ることがあるそうなんですね。

edition.cnn.com

そもそも北朝鮮に拘束された時点から脳に問題があったとの説もある

2016年4月に北朝鮮で撮影された同氏のMRI画像から、脳の損傷はMRI撮影前にあったと考えられている。つまり、北朝鮮に拘束された当初から、ワームビア氏は脳に損傷を負っていたということだ。

www.huffingtonpost.jp

共和党内部からは北朝鮮当局の積極的な虐待行為を示唆する声も

たとえば、共和党の有力政治家のジョン・マケイン氏は「北朝鮮当局がオットーを殺害した」として怒りの声を表明しています。

US Senator John McCain says North Korea has murdered Otto Warmbier, an American student who died days after his release from detention there.

www.aljazeera.com