UTALI

書き溜めておいた技術記事や旅行記のバックアップです。

外出時にもペットの見守り、餌やりができる! | カリカリマシーンSPが話題に

これもIoT機器の一種なのですが、ペットを遠隔で監視して自動でエサやりをできるマシンが登場して話題になています。

それがカリカリマシーンSPです

f:id:mochizuki_p:20170616213329p:plain

クラウドファンディングで資金を調達して、目標の3倍の資金を集め、無事プロジェクトが成功した製品です

www.makuake.com

カリカリマシーンSP?

スマートフォンの専用アプリを利用して、外出先から愛犬、愛猫の姿をカメラで確認したり、エサを与えたりできる製品です。

以下はできること一覧

  • タイマー設定機能
  • 見守りカメラ
  • 音声給餌機能
  • 給餌通知機能
  • 会話機能マイク&スピーカー

タイマー設定機能

1日4回まで1分単位でエサやりの時間を決定できる。スマホから変更することも可能!量も10~100グラムまで、10g単位で設定可能

見守りカメラ

外出先から、いつでもリアルタイム動画で愛犬、愛猫を確認できる!動画や写真をスマホに保存することも可能

音声給餌機能

あなたの音を録音して、エサやりの時に再生することができます。飼い主への愛情がますます強くなる

給餌通知機能

時間になってエサやりに成功すると、スマートフォンに通知が届き、知らせてくれます。

会話機能マイク&スピーカー

外出先からでも、愛猫・愛犬の様子を確認しながらスマホを通じて話しかけることができます。

電源は2重で安心

コンセントから直接電源を取るのと

f:id:mochizuki_p:20170616212403p:plain

電池と

f:id:mochizuki_p:20170616212353p:plain

両方を使用することで、停電の時でも安心です

電池が少なくなると赤ランプが点灯

それでも電池切れは怖いですよね。電池の残量が少なくなった時は赤いランプが点灯して、事前に知らせてくれます。このタイミングで電池を交換しましょう。

フードトレイは着脱式

この機械は時間になると自動的にフードがトレイに決まった量、自動的に落ちてきます。もちろん清潔が保てるようにトレイは取り外すことができます。

f:id:mochizuki_p:20170616212454p:plain

洗剤で洗って清潔にしておきましょう

対象は中型犬、小型犬、猫など

カリカリマシーンSPをつかえるのは中型犬、小型犬、猫など

フードタンクに入れられるのは4.3L分のつぶ状のフード

4.3Lのフードが入るので、量が足りなくなるということはあまりなさそうです。

f:id:mochizuki_p:20170616212514p:plain

そして現在時刻を設定

フードの自動エサやりをする前に現在時刻を設定

f:id:mochizuki_p:20170616212531p:plain

そしてエサやりの時間と量を設定

f:id:mochizuki_p:20170616212542p:plain

時間になると自動的にフードがトレイに供給されます。

インテリジェント防護機能でつまりを回避

f:id:mochizuki_p:20170616212551p:plain

やはり誤作動が怖いのがこの手の機械です。カリカリマシーンSPはインテリジェント防護機能と呼ばれる仕組みでモータの誤作動を防いでいます。

この機械を使うために必要なこと

  • 家庭で無線LAN・Wifiが利用できる環境
  • iPhone、Androidのスマートフォン

こんな人に向いている

  • ペットを飼っているけど、外出しなければいけない用事がある
  • でもペットホテルは高いし不安
  • ペットのエサのおねだりで睡眠不足

一緒に自動水やり機も・・

こちらと一緒に使うと1、2日の外出でも大丈夫ですね

購入はメーカーから直接行うのがオススメです。

こちらからどうぞ

Amazonからも買えます