UTALI

みんなの役に立つ情報をどんどん公開していきます

【嫌がらせ?自業自得?】池田信夫先生 事務所に土10箱を着払いで送られる 背景には獣医、薬剤師免許不要発言?

ジャーナリストの池田信夫氏が6月7日、自身のTwitter上で代表を務めるインターネット言論プラットフォーム「アゴラ」の事務所に嫌がらせ目的と思われる土10箱を着払いで送られてきたことを明らかにした。

これの背景だと思われるのは、池田信夫氏が6月4日に投稿した記事である。

agora-web.jp

人間の病気ならともかく、動物の病気にそこまで勉強する必要あるんでしょうか。規制改革するなら「特区」も「需給調整」も必要なく、獣医の免許を廃止して、だれでも動物の病気をなおせるようにすれば、市場メカニズムで需要と供給は一致するでしょう。

「悪い獣医にかかって、うちの犬が死んだら取り返しがつかない」という人がいるかもしれません。そういう人は獣医の資格試験に合格したお医者さんにかかり、安いほうがいい人は無資格の獣医にかかればいいのです。免許は必要ありません。

獣医師には免許が不要、ある意味で獣医師という職業を愚弄していると思われても仕方がない内容であり、案の定インターネット上で反対意見が続出し、一種の炎上状態となった。

獣医のリスクは外食産業より小さい

さらに池田信夫氏は火に油を注ぐようなツイートを投稿した。衝撃的なのは「獣医のリスクは外食産業より小さい」との発言である。

池田信夫氏はイヌやネコなどのペットを扱う動物病院のイメージで勘違いされているようだが、本来、獣医は馬や牛などの力の強い大型動物を扱うので、リスクが低い職業とは到底言えないのではないだろうか?

http://jra-saiyou.jp

http://www.tr.yamagata-u.ac.jp

犬猫は殺してもいい?

薬剤師も免許は不要

さらに池田信夫氏は薬剤師の免許制度にも言及し、免許は不要だと断言した。

なんと薬剤師は「処方箋に書かれた薬を売るだけの仕事」であり、免許制度は業界のロビー活動の結果に過ぎないというのである。

しかも、その根拠として池田信夫氏が提示したのは、今どき大学1年生が教養課程で学ぶような需要供給曲線である。

スティグリッツ入門経済学 第4版

スティグリッツ入門経済学 第4版

  • 作者: ジョセフ E.スティグリッツ,カール E.ウォルシュ,藪下史郎
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2012/03/23
  • メディア: 単行本
  • 購入: 5人 クリック: 36回
  • この商品を含むブログ (8件) を見る

薬剤師は獣医より存在価値が低い

このように薬剤師という専門職を愚弄する発言の数々に対して、当然ながら現役の薬剤師の面々からは反論が続出した

山口敬之の暴行疑惑で「枕営業」と発言

これに加えて大きな避難を浴びたのは元TBS社員で安倍政権に極めて近いジャーナリストとされる山口敬之氏が睡眠薬を利用して20代の女性を暴行した疑惑について、枕営業に失敗した腹いせ、と発言したことである。

www.utali.io

このように様々なクラスターに対して侮辱行為を繰り返している池田信夫氏が、土10箱を送られる嫌がらせをされるのは、ある意味で納得できることだ。というかむしろこの程度で済んでいるのが奇跡だろう。普通であれば襲撃されていてもおかしくないレベルだ。

池田氏はこれまでの暴言、失言の数々について、反省、撤回を宣言すべきだろう。