UTALI

書き溜めておいた技術記事や旅行記のバックアップです。

怪しい?ビットコインで自分自身を株式のように売買できるVALUが話題に、反応は賛否両論

自分自身の価値をビットコインで数値化する

株式会社のように、個人個人が自分の価値を「模擬株式」として発行・(ビットコインによる)取引できるという斬新なサービス「VALU」のベータ版が5月31日リリースされた。すでに堀江貴文氏や家入一真氏、はあちゅう氏などが登録しており、SNS上でもちょっとした話題になっている。ちなみに6月1日15時の段階で、時価総額ランキング1位は堀江氏となっている(なおVALUはクリエイティブエージェンシーのPARTYや堀江貴文氏らが出資する会社だ)。

VALUではソーシャルメディアのフォロワー数・友達数に応じて自身の時価総額を自動的に算出される。その金額を元に模擬株式(VA)を発行し、自分の価値をシェアしたり取引する仕組みだ。ビットコイン・ブロックチェーンを活用して開発されており、VAの購入はビットコインで行う。

何かを新しいことを始めたい個人を応援するための仕組みと説明

方向性が明確なプロジェクトやプロダクトを支援するのではなく、「顕在化していないが成し遂げたい何か」を持っている個人の可能性に対して投資をするというのがVALUの特徴だ。

法的な問題は全てクリアと説明

サービスの開発が始まった約9ヶ月前から頻繁に金融庁を訪れ、1つ1つの機能について法律面の問題がないか確認してきたという。

たとえばVALUではVALU上で直接ビットコインを購入することはできず、外部サービスで購入しVALUに送金するという仕組みをとっている。日本円への換金もVALU上ではできず、ビットコインで一度外部サービスに送金しなければならない。ビットコインの購入、送金を行う外部サービスは、仮想通貨交換事業者として登録されているビットコイン交換所のウォレットだ。

jp.techcrunch.com

ネット上は賛否両論

肯定的なクラスター

ホリエモン、家入一真、イケダハヤトやはあちゅうなど、いわゆるアーリーアダプターと呼ばれる人たちですね。

背景にあるのは「評価経済」というアイデア

ひと昔前に海外で話題になりましたね。

The Reputation Economy: How to Optimize Your Digital Footprint in a World Where Your Reputation Is Your Most Valuable Asset

The Reputation Economy: How to Optimize Your Digital Footprint in a World Where Your Reputation Is Your Most Valuable Asset

評価>金 が成り立つようになれば評価経済社会というパラダイムに切り替わるという。自分が他者から貰う「評価」が金よりも重要になる時代がいずれやってくる。

blog.skky.jp

一方で批判的なクラスターも存在

集まっている人が胡散臭いとの意見も・・

早速はてな村からはこんな反応が・・

インフルエンサーがインフルエンサーのために、インフルエンサーによるサービス。 そのためどんどんインフルエンサーだけがこのサービスに登録しているようです。 一般人に何にも利益がないサービス インフルエンサーのためなので、こぞってインフルエンサーがどんどん「このVALUというサービスはいいですよ!」とツイッターで煽っております。 インフルエンサーのつぶやきをみると、この己に投資【サロンに入会】させるために、凄いいいモノとどんどん拡散しております。

つまり元々影響力のある人がさらに強くなるだけの構図だと言いたいようです。

確かにランキング上位の人は有名人ばかりですからね〜

このVALUというサービスは、もっと私みたいな一般ピープルでも活用方法がない限り生き残ることはできないのではと思っております。 もし社会的な意義や未来を見せてくれる投資ならCAMPFIREの方がはるかにいいのでは? インフルエンサーがインフルエンサーによるインフルエンサーのためのサービスなんてオワコンですわよ。

mecchanikukyu.hatenablog.com

確かに・・

ランキング上位はお馴染みの面々ばかりですね。

f:id:mochizuki_p:20170606155153p:plain

感想

個人の信用を資産として数値化するという仕組みは何も新しいものではない気がします。具体的にはどんなこと?と聞かれてもはっきりとは言いたくないですが(笑)

でもVALUは、今流行りのビットコインを使って、かつインフルエンサーを使って宣伝をするという手法がうまいと思いました。でも、無名の個人が参入して成功できる舞台には思えないな〜