UTALI

書き溜めておいた技術記事や旅行記のバックアップです。

本当は怖いスーパーマリオ | マリオと共産主義にまつわる都市伝説

f:id:mochizuki_p:20170526182928j:plain

出典:imgur.com

スーパーマリオブラザーズといえば、日本を代表するテレビゲームであり、世界累計、4000万本を売り上げるなど、空前の大ヒットとなり、ゲーム大国日本が最初に世界に羽ばたくこととなった記念碑的作品として知られている。

30周年記念盤 スーパーマリオブラザーズ ミュージック

30周年記念盤 スーパーマリオブラザーズ ミュージック

しかし、その世界観について、ある恐ろしい陰謀が隠れているとの噂がある。

それは、

「スーパーマリオは共産党が共産主義を宣伝するために作られたゲームであるという説」

である。

一体何を根拠にこのような荒唐無稽な説をでっち上げているのだろうと不思議に思う読者も多いと思う。しかし、何の理由もなくこのような説を唱えているわけではない。スーパーマリオの制作チームに共産主義者がいて、秘密裏に共産主義的なメッセージをゲームに織り込んでいることは明らかなのである。

それでは順を追ってその理由を説明してみようと思う。

最初に共産主義とはなんなのだろうか?

簡単にいえば、人々の貧富の差に反対して、平等な世の中を主張する考え方のことである。これだけならば随分まともな考え方に思えるが、共産主義の危険なところは、その実現のためなら暴力的な方法をも辞さないことである。つまり、武力を使って、貴族や資本家など、人々の富を不当に奪っている人間を暴力でやっつけて仕舞えばいいという考え方が、共産主義の特徴である。

暴力を使って資本家から労働者を解放することを一般的に「革命」と呼ぶ、共産主義の目標は革命を実現することである。実際に20世紀のロシアでは従来のロマノフ王朝を倒して、共産主義政権が誕生した。それが俗にいう「ソ連」、つまりソビエト社会主義共和国連邦である。

この知識は後に役に立つ、覚えておいてほしい。

それでは本題に入る。それはスーパーマリオの世界観に隠された共産主義的メッセージのことである。

1. マリオのトレードカラーは赤色、赤は共産主義を象徴する色である

マリオのテーマカラーといえば「赤」である。 これは初代マリオから一貫して変わっていない。彼の帽子とオーバーオールは赤色と相場が決まっているし、マリオカートでも、彼の愛車は赤色に塗装されている。

f:id:mochizuki_p:20170526182723j:plain

一方で、共産主義のテーマカラーも赤色である。

f:id:mochizuki_p:20170526182633p:plain

例をあげれば、日本共産党の機関紙の名前は「赤旗」である。ソ連の軍隊も「赤軍」と呼ばれていた。日本でも右翼団体など、共産主義に反対する立場の人間は、共産主義者を蔑視して「アカ」と呼ぶことがある。

つまり、マリオと共産主義は、そのテーマカラーという点で共通しているのである。

2. マリオの職業は配管工、つまり労働者階級の人間である。

これもマリオに詳しい人間の間では周知の事実であるが、マリオの職業は配管工である。これは彼の作品に頻繁に土管が現れてくることでもわかることであるが、これが共産主義とどのような関わりがあるのだろうか?

共産主義の思想では、労働者が主役である。彼らは日々労働に汗を流す一方で、彼らの働きに応じた対価を十分に得ることができず、貧困に喘いでいることになっている。これは彼らをこき使って金儲けをしている資本家たちが不当に彼らを搾取しているからとされている。

共産主義は資本家による労働搾取から労働者を解放するために、暴力革命を起こすべきだと主張する理論である。つまり、共産主義の世界観においては労働者が主役なのである。

これはスーパーマリオの世界観とある意味では整合的である。なぜなら主人公のマリオは配管工であり、労働者であるからである。

3. マリオのずんぐりとした体型、大きな鼻、立派な口ひげはソ連共産党の指導者スターリンと共通している。

マリオは背が低く、ずんぐりとした体型であり、かつ大きな鼻と口ひげがトレードマークとなっている顔が特徴的である。

しかし、この特徴は共産主義の指導者として、当時世界中の共産主義者からの尊敬を集めていたソ連の指導者、「ヨシフ・スターリン」と酷似しているのである。

この写真を見てほしい、左がスターリン、右側がマリオである。どことなく似ているとは思えないだろうか?

f:id:mochizuki_p:20170526182009j:plainf:id:mochizuki_p:20170526182004j:plain

f:id:mochizuki_p:20170526182023j:plainf:id:mochizuki_p:20170526182031p:plain

f:id:mochizuki_p:20170526182049j:plainf:id:mochizuki_p:20170526182055j:plain

ちなみにスターリンの身長は165cm、当時としても決して大きい方ではない。そしてマリオの身長は公式には155cmとされている。

少なくとも私にはマリオのデザインはスターリンを参考にしたものに見える。あなたはどうお考えだろうか?

4. スーパーマリオのステージクリア時には赤い星が描かれた旗が掲げられる。赤い星は共産主義のシンボルの一つで、これは革命のモチーフである

スーパーマリオのステージをクリアすると、マリオはお城の中に侵入して、白地に赤い星が書かれた旗を掲げる。

f:id:mochizuki_p:20170526180521g:plain

このことを不思議に思ったことはないだろうか?

f:id:mochizuki_p:20170526174939j:plain

実は赤い星は共産主義と深い関わりがあるのである。

以下はwikipediaにある、ズバリ「赤い星」からの引用である

f:id:mochizuki_p:20170526174028p:plain

五つの頂点は、ヒトの頭や脚や腕を、花冠の五つ弁を、 労働者の手の五本の指を、また世界の五大陸を表す。その他の解釈としては、五つの頂点がそれぞれ共産主義を指導する五つの社会集団(青年、兵士、産業労働者、農業労働者、インテリゲンチャ)を表す。一般的に、赤い星は、共産党の支配と指導の下での社会の新秩序の正しさを表す象徴とされていた。

決定的なのは、スーパーマリオがステージをクリアする際に行う一連の行動である。マリオがステージをクリアするときには、ポールに掲げられている旗を引き摺り下ろした後に、城に侵入して例の「赤い旗」を掲げるのである。

実は、これは共産主義にまつわるある歴史的事実と整合的なのである。

それはロシア革命における「クレムリンの赤い星」についての歴史的事件である。

1917年に起こったロシア革命によってロマノフ朝が断絶し、新たに共産主義政権が樹立した。

かつての王宮であり、ソビエト政権の中心であった「クレムリン」には、ロシア帝国の象徴であった「双頭の鷲」が掲げられていた。

f:id:mochizuki_p:20170526173922p:plain

しかし、1930年代になると、革命を記念して、従来の帝国の象徴であった「双頭の鷲」を共産主義を象徴する「赤い星」に付け替える事になったのである。これが「クレムリンの赤い星」である。

f:id:mochizuki_p:20170526173817j:plain

これがマリオの世界においてはどのような意味を持っているのであろうか?

それはマリオがステージをクリアする際には、そのステージにおける革命が完了し、共産化を成し遂げたという解釈が可能なのである。その象徴として、従来の旗を下ろした上で、お城に「赤い星」を掲げるのである。

5. 宿敵クッパは強大な軍隊を持ち、巨大な城に住んでいる。これは莫大な資金を持った資本家の象徴である。

共産主義での悪役は資本家である。

f:id:mochizuki_p:20170526181248j:plain

彼らは豊富な財力を持つ一方で生産手段である資本を独占し、労働者を搾取している。彼らを革命を通じて暴力で打ち倒すのが、共産主義の目標である。

実は、この世界観はしっかりとマリオに反映されている。マリオでは最終的に姫を攫ったクッパを倒し、姫を取り戻すことがゲームの目標とされている。一見すると、このストーリーは中世のヨーロッパを舞台にした「囚われの姫君」を助けるストーリーを踏襲しているように思われる。

しかし、クッパ=資本家、姫=資本と捉えてみるとどうであろうか?

そうやってマリオの世界を捉えてみると共産主義と全く同じストーリーに変わるのである。

つまり、資本家たるクッパから独占された資本(姫)を取り戻すために、各地を転戦して、革命を実現するプロレタリアート(マリオ)の物語である。

6. マリオでは土管を通って地下面に進む事ができる。実はこれはマリオが共産党員であることの隠喩である

共産主義は、その暴力的な側面から世界中で非合法化され、弾圧されてきた。実際日本では、共産党員であり、共産主義をモチーフにしたプロレタリア文学を数多く発表していた「小林多喜二」は激しい拷問によって命を落とした。このような弾圧のために、共産主義者たちは公には活動できず。偽名を使うなど、身分を隠しながら活動することを余儀なくされてきた。このように、当時非合法であった共産党へ入党することを、俗に「地下に潜る」と表現することが一般的だった。ちなみにこれを英語で表現すると「go underground」である。

一方で、スーパーマリオは時々、土管に入って地下ステージに進むことがある。

f:id:mochizuki_p:20170526180838g:plain

このように物理的に「地下にもぐる」ことも、やはり英語で「go underground」という。

このことから、「土管に入る=地下に潜る」ことは、マリオが共産党員であることを暗喩していると言えるのである。

7. 共産主義の創始者マルクス(Karl Marx)の頭文字はM、マリオの頭文字はMで共通している。

ご存知の通り、共産主義を最初に世の中に知らしめたのは、思想家の「カール・マルクス」である。

f:id:mochizuki_p:20170526182226j:plain

このマルクスの名前は英語では

Karl Marx

である

一方でマリオの名前は英語では

Mario

であり、帽子にもMの文字がある。

f:id:mochizuki_p:20170526182723j:plain

この2人の頭文字はMで共通している。これは何かの偶然だろうか?

8. スーパーマリオを世に出した任天堂の創業地は京都、京都は共産党が非常に強い土地柄である。

ご存知の通り、スーパーマリオを考案し、最初に世の中に広めたのは、京都で創業し、現在では世界的ゲームメーカーとして知られるあの「任天堂」である。

しかし、京都は共産党が非常に強い土地として知られている。そして当然ながら共産党員も数多く京都に住んでいる。例をあげれば、参議院議員の有田芳生氏も京都の出身であり、20代の初め頃まで共産党員として活躍していた。

このような土地柄であるので、スーパーマリオの開発チームに共産党員が紛れ込んでいてもおかしくないのである。そしてその共産党員が、他のメンバーにわからないように、こっそりと共産主義的なメッセージをゲームに織り込んでおいた。そんな背景があったのではないのだろうか?

まとめ

スーパーマリオのストーリーの背景には共産主義思想が隠れている。

それは労働者であり、共産主義者の共産党員であるマリオが、各地で革命を遂行し、時には弾圧を避けて地下に潜りつつ、最終的に資本家であるクッパを打倒して、共産主義政権の樹立を試みるストーリーである。