UTALI

みんなの役に立つ情報をどんどん公開していきます

Ubuntu16.04にRedisの最新版をインストールしたい

sudo apt-get redis-server
  

で一発だが

これは少々バージョンが古いので、最新の安定版をソースからコンパイルしたい

まずは依存関係をインストール

sudo apt-get update
sudo apt-get install build-essential tcl wget

最新版のソースを入手

wget http://download.redis.io/redis-stable.tar.gz

解凍

tar xzvf redis-stable.tar.gz  

解凍済みのディレクトリに入ってMakeでビルド

cd redis-stable 
make

ライブラリが次々とコンパイルされていくのでしばらく待つ

そしてテスト

make test

数分程度と結構時間がかかるのでコーヒーでも準備して休憩

テストが通ったら

以下のようなメッセージで終わるはず

...
  133 seconds - unit/obuf-limits

\o/ All tests passed without errors!

最後にインストール

sudo make install  

この時点でredisを起動できる

redisのサーバーを起動

$ redis-server
13022:C 16 May 11:25:50.231 # Warning: no config file specified, using the default config. In order to specify a config file use redis-server /path/to/redis.conf
13022:M 16 May 11:25:50.231 * Increased maximum number of open files to 10032 (it was originally set to 1024).

redisのクライアントを起動



$ redis-cli
Could not connect to Redis at 127.0.0.1:6379: Connection refused
Could not connect to Redis at 127.0.0.1:6379: Connection refused

次に設定ファイルを配置する

sudo mkdir /etc/redis
mv redis.conf /etc/redis

この設定ファイルを読み込ませるには起動時にパスを指定すればよい

redis-server /etc/redis/redis.conf

実運用で利用する場合はsystemdでプロセスを管理することになると思うので、その設定も追記する。