読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UTALI

書き溜めておいた技術記事や旅行記のバックアップです。

【ウィキリークス創設者】ジュリアン・アサンジの名言

f:id:mochizuki_p:20170514211710j:plain

ジュリアン・ポール・アサンジ

オーストラリア出身のプログラマー、ジャーナリスト

内部告発および情報漏洩の情報を伝えるウェブサイトであるウィキリークスの創設者

Every time we witness an injustice and do not act, we train our character to be passive in its presence and thereby eventually lose all ability to defend ourselves and those we love. In a modern economy it is impossible to seal oneself off from injustice.

不正を目撃しながら何もできない無力感を感じるたびに、私たちは自分自身の人格を抑圧し、遂には自分と自分の愛する存在を守る能力を失ってしまうでしょう。近代の経済社会においては、不正を避けて自分の殻に閉じこもることは不可能なのです。

The goal is justice, the method is transparency. It’s important not to confuse the goal and the method.

目的は正義です。手段は透明性です。手段と目的を混同してはなりません。

You can’t publish a paper on physics without the full experimental data and results; that should be the standard in journalism".

完璧な実験結果無くして物理学の論文を発表することはできません。ジャーナリズムもかくあるべきです。

You have to start with the truth. The truth is the only way that we can get anywhere. Because any decision-making that is based upon lies or ignorance can’t lead to a good conclusion.

真実から物事を開始しなければなりません。唯一真実だけがあなたを正しい道に導いてくれるからです。なぜなら、嘘と無知に基づくあらゆる意思決定が良い結果に繋がることはないからです。

There is a view that one should never be permitted to be criticized for being even possibly in the future engaged in a contributory act that might be immoral, and that that type of arse-covering is more important than actually saving people’s lives. That it is better to let a thousand people die than risk going to save them and possibly running over someone on the way. And that is something that I find to be philosophically repugnant.

非倫理的ではない行為に将来関わるかもしれないということで非難されるべきではないという意見があるそうです。そして、その言い訳として、

人々の生活を守ることがより重要である

と言われることがあります。

つまり、多くの人々がリスクを避ける代わりに、誰かを見殺しにした方が良いという考え方です。

しかし、それは私が思想的に気に食わないと考えていることでもあります。

Our No. 1 enemy is ignorance. And I believe that is the No. 1 enemy for everyone — it’s not understanding what actually is going on in the world.

ウィキリークスの一番の敵は無知です。そして、それは世界の全体の敵でもあると信じています。決して実際に世界で何が実際に起こっているのかを理解させることではありません。 


Vanity in a newspaper man is like perfume on a whore; they use it to fend off a dark whiff of themselves.

新聞記者のハッタリは売春婦の香水のようなものです。彼らをそれを使って自分の胡散臭さを誤魔化すのです。

Capable, generous men do not create victims, they nurture them.

有能で、寛大な人間は犠牲者を生み出さない、彼らを守り育てるだけだ。

Sweden is the Saudi Arabia of feminism.

スウェーデンはフェミニズムのサウジアラビアである。