UTALI

みんなの役に立つ情報をどんどん公開していきます

本当に安全? | 公衆wifiを安全に使うための注意点について

f:id:mochizuki_p:20170425220114p:plain

最近はカフェや喫茶店、駅やバス停、コンビニなどで公衆Wi-fiが利用する機会が増えていますね。

実は、公衆Wi-fiは思わぬ危険性があったりします。

悪意を持った人間が、あなたの大事な情報を盗もうとして罠を仕掛けていることがあるのです。

実はWi-fiの通信は比較的簡単に傍受することが可能です。

例えば、スターバックスWi-fiの公衆無線LANサービス「at_STARBUCKS_Wi2」の注意事項を見てみましょう

公衆無線LANサービス「at_STARBUCKS_Wi2」の無線LANは暗号化をおこなっておりません。この為、無線区間での通信内容の傍受とアクセスポイントのなりすましの危険性があります。ログインで使用するログインIDとパスワードはSSLで暗号化されていますので、上記の危険はありません。

とあります。

公衆Wifiは危険?

では、スターバックスのWi-fiは危険で、あなたの大事な会話が全て盗み見られてしまうのでしょうか?

もちろん、そうではありません。インターネットには暗号化という仕組みがあって、もし、ウェブサイトやアプリを提供している会社が、適切な設定さえしていれば、通信内容を盗み見られる危険性はありません

もしインターネットブラウザ(ウェブサイトを閲覧するためのソフト)の上側の窓に、

f:id:mochizuki_p:20170425220350p:plainf:id:mochizuki_p:20170425220351p:plain

このような鍵マークが表示されていれば、まず心配ありません。この場合は、通信内容が暗号化されてやり取りされているので、もし、プライバシーに関わる内容を送信したとしても、その内容を第三者に見られる心配はありません。

安全でない場合は?

もし、このように鍵マークが表示されていなかったり

f:id:mochizuki_p:20170425220352p:plain

無効な鍵マークが表示されている場合は、

f:id:mochizuki_p:20170425220624p:plain

危険です。もし、個人情報やプライベートな内容をやり取りする場合は、鍵マークの付いていないWebサイトを利用してはいけません。

もちろん、普通にWebサイトを閲覧するだけの場合は、この限りではないのですが、少なくともあなたがどんな内容のどんなサイトを訪問したかは、分かってしまいます。また、暗号化されている場合も、少なくともどこのウェブサイトに訪問したかはバレてしまいます。もちろん、どこのページを見たかは分からないようになっています。

また、iPhoneのアプリでやり取りする情報は全て暗号化することが義務付けられており、この場合も情報が流出することは(少なくとも)ありません。

鍵マークをチェックする習慣をつけよう

とにかく、公衆Wi-fiを利用する時は、鍵マークをチェックする癖をつけるようにしましょう!

鍵マーク = 安全

とは言い過ぎかもしれませんが、とにかく最低限注意すべき点です。