UTALI

みんなの役に立つ情報をどんどん公開していきます

【プログラミングを始めたい!】プログラミングの効率的な学び方について教えるよ

始めに断っておきますが、インターネット上の記事を元にプログラミングを独学で学ぶことは不可能ではありませんが、非常に不効率です。

それは

  • インターネット上の記事は初心者にはわかりづらいことが多い
  • インターネット上の記事は時代遅れなことが多い
  • インターネット上には不正確な情報が多い

いい資料があった!でも・・

インターネットの良い点は、優れた資料を無料で手に入れることができるという点です。でも、プログラミングに関して言えば、必ずしもそうではありません。

例えば、プログラミング言語のPHPを例に挙げて見ましょう

PHPをいざ始めよう!と思い、日本語版のPHP公式サイト

PHP: PHP とはなんでしょう? - Manual

を訪問しました。

そこにはこんなことが書いてあります。

次に、より実用的なことをしてみましょう。 ページを見ているユーザーが使用しているブラウザの種類を確認してみます。 これを行なうには、ブラウザが HTTP リクエストの一部として送信した user agent 文字列を調べます。 この情報は、変数 に保存されています。PHP では、変数名は常にドル記号で始まります。 ここで使用する変数は、$_SERVER[‘HTTP_USER_AGENT’] です。

さてこの内容は経験者からしてみれば当たり前な内容ですが、プログラミングの「プ」の字もわからない人からすれば非常に不親切に見えるのではないでしょうか?

まず「HTTP リクエスト』、「ブラウザ」、「変数」などといったプログラミング用語に戸惑うはずです。もちろんその度に検索して、その用語について調べれば良いのですが・・

それでは

「HTTP リクエスト」について検索して見ましょう!

このページを見て見ましょう!

http://www.itbook.info/network/http02.html

HTTPリクエストは大きく以下の3つに分けられます。 リクエスト行 メッセージヘッダー メッセージボディ リクエスト行には、Webサーバにどのような処理を
依頼するのかを伝える情報が含まれます

「Webサーバ」???

???

さらに新しい用語が出てきてしまいました。わからない用語について調べるために検索するとさらに未知のキーワードが出現するという悪循環です。

これはマシな方で、ひどい場合は記事の内容が古すぎて使えなかったり、不正確なことがあります。

でも、もし専門用語をわかりやすく噛み砕いてくれたり、正確な内容だけを伝えてくれる経験者(メンター)がいたら学習はかなり楽になります。そんな人が周りにいたら簡単なのですが、実際は難しいと思います。

でも最近ではプログラミングスクールが増えてきて、初心者が親切に教えてもらえるような環境を簡単に利用することができます。 
僕のオススメはTech Academyですね!

f:id:mochizuki_p:20170423130113p:plain

このサービスをオススメするポイントは複数あるのですが、

  • 無料で体験学習が可能

  • 何度でも質問ができるチャットサポート 
* 就職サポートも手厚い

無料でここまで!?

プログラミングスクールって気になるけど・・お高いんでしょう? とお思いになる方もいらっしゃると思います

心配しないでください! 実際に本コースを受講する前に無料体験学習で、コースの触りの部分を体験することができます。

無料だからといって侮ってはいけません。本番コースと同じようにビデオチャットを利用した個別指導、毎日最大8時間のチャットサポート、回数無制限の課題レビューといった至れり尽くせりのサービスを利用できるのです。

体験学習に必要なのはMacもしくはWindowsのPCとインターネット環境のみです。

つまり、在宅で通学する必要もなくプログラミングの学習が可能になるのです!

利用できるコースは、PHPを利用したWebアプリケーション作成入門のみですが、これを基礎に発展した内容を学べばWordPressなどのCMSのカスタマイズや本格的なWebサービスの作成も可能になります。

体験学習の手順

この リンク から体験学習を開始することができます。

f:id:mochizuki_p:20170423130247p:plain

このぺージに移動したら、画面下に「オンラインブートキャンプを1週間体験できる!」というキャッチコピーがあります。その右側に「無料体験に申し込む」と書かれたボタンを押します。

f:id:mochizuki_p:20170423130311p:plain

すると、このような申し込みフォームが出てきます。

f:id:mochizuki_p:20170423130321p:plain

必要なのは氏名とメールアドレスのみです

充実の資料

さて実際にログインしてみましょう

f:id:mochizuki_p:20170423130543p:plain

最初に無料にも関わらず豊富な資料を利用することができます。目次だけでもこの長さ・・

f:id:mochizuki_p:20170423130425p:plain

チャットツールを使用した手厚いサポート

プログラミングの初心者にとっては理解しがたいところもあると思います。そんな時はチャットツールを利用してメンターの方に質問をすることが可能です。必要なのは「Slack」と呼ばれるチャットツールの登録だけです。もちろん登録の方法も丁寧に解説されていますから心配ありません。

毎日15時から23時の間に何度でも質問が可能です。ありがたいですね〜

まずは無料体験学習を

いかがでしょうか?無料でここまで充実した内容を提供してくれるだなんて太っ腹ですね!

もし無料体験の結果、本コースに進みたいと思った場合は、社会人の場合は1万円引き、学生の場合は5千円引きになるそうです。

f:id:mochizuki_p:20170423130437p:plain

これは無料体験の期間限定のみですので、本コースをいきなり始めたいと思った方もとりあえず無料体験を申し込んで見てはいかがでしょうか?

お申し込みはこちらから↓