UTALI

みんなの役に立つ情報をどんどん公開していきます

月に50万稼ぐのは楽勝?フリーランスの始め方

IT業界で働いているけど、成果を上げているのになかなか給料に反映されないと嘆いている人も多いかもしれません。

そこでフリーランスとして独立して年収アップを狙うという選択肢があります。

ITエンジニア向けの転職・独立サポートをしているレバレジーズ株式会社が作成した試乗レポートによると、フリーランスエンジニアのほぼ7割が月に60万以上の単価を稼いでいるそうです。

月に60万稼ぐのは簡単?

f:id:mochizuki_p:20170422180708p:plain

そして、月40万以上となると、約97%で、ほぼ100%です。

これを年収に換算すると大半の人が720万円以上を稼ぐ計算となります。

全世代の平均年収が354万円の時代ですから、もう高所得者の仲間入りですね。

一方でプログラマーの平均年収は400万円台ですから、フリーランスになるだけで年収が大幅にアップすることができるのですね?

実務経験は1、2年でOK

もちろんフリーランスになるにはある程度の実務経験が必要です。

でも、かなりでのベテランでなければダメというわけでなく、最低1、2年の実務経験があればフリーランスとして働くことが可能です。企業からすると望ましいのは、3年以上の実務経験を持ったエンジニアで、そのレベルの経験があれば、安定して60万前後の単価を得ることが可能なようです。

Java, PHPの需要が多いが、Ruby、JavaScriptの需要も増えている

フリーランスの案件では圧倒的にJavaとPHPの需要が高いようです。実際にこのグラフを見るとJava案件が3割、PHP案件が2割を占めているようです。この2言語で十分なスキルがあれば食いっぱぐれる心配はなさそうです。

f:id:mochizuki_p:20170422180722p:plain

一方で、最近ではRubyやJavaScriptの需要も急速に増加しているようです。これはスタートアップを中心に非常に生産性の高いWebアプリケーションフレームワークであるRuby on Railsの需要が高いこと、そしてJavaScriptではフロントエンドでのReactやAngularJSの採用が増えたこと、サーバーサイドJavaScriptであるNode.jsの普及などがあるようです。

残念ながらリモート案件は少ない

ITエンジニアの夢はリモートでの在宅勤務ですが、残念ながら大半の案件が常駐案件となっているようです。正社員と同じようにフルタイムで特定のオフィスに通勤するという形になります。

勤務地に関して言えばITベンチャーの集中している東京の渋谷区・港区近辺が大半の現場となるようです。東京以外の現場もあるようですが圧倒的に案件が少なく、単価も低くなる傾向があるようです。

f:id:mochizuki_p:20170422180813p:plain

フリーランスで安定して仕事を確保するには?

比較的簡単に高収入が得られるメリットがある一方で、不安定な側面もあるのがフリーランス。 しかし、エージェントに登録することで、安定して仕事を取ることが可能になります。

オススメは大手のレバテックフリーランス

f:id:mochizuki_p:20170422182732p:plain

このエージェントのオススメポイントは主に3つ

  • 支払いサイトの短さ
  • 高単価
  • 案件数の多さ
  • サポートの豊富さ

15日サイトでの支払い

報酬お支払いまでの期間が業界内でも最短クラス!レバテックフリーランス では月末締め翌月15日払いの15日サイトをとっています。交渉次第ではさらに短い支払いをしていただけるようですね!

高単価

レバテックフリーランス週5日の常駐案件をこなしているエンジニアの方は平均で801万円の年収を得ているようです。

f:id:mochizuki_p:20170422184530p:plain

なんと中には最高で月単価160万円を稼いでいる人もいるようです。

案件数の多さ

レバテックフリーランスはITエンジニア向けエージェントとはしては最大手の規模を誇ります。

だから案件も非常に豊富で月間の新規案件は400件以上、年間では8万件近くの案件を取り扱っています。

欠点は?

強いて欠点を挙げるなら東京以外の案件が非常に少ないことでしょうか?

最近では大阪での案件を増やすプロジェクトをローンチさせたようですね。

f:id:mochizuki_p:20170422185542p:plain

まずは登録して無料相談を!

この記事を見てフリーランスに興味をお持ちになりましたら、是非無料会員登録をすることをオススメします。

というのも全案件の多くが非公開案件になっているのですね。IT業界は競争が激しく、技術仕様やプロジェクトの規模をライバル企業に知られたくないので、公開案件は少ないようです。

今はフリーランスになるつもりはないけど、とりあえず話だけは聞きたいという方も、すでに別のエージェントに登録してITフリーランスとして活動されている方も、まずは無料会員登録を済ませて、一度カウンセリングを利用されてはいかがでしょうか?

f:id:mochizuki_p:20170422190510p:plain

フリーランスは正社員に比べて責任が重いのでは?

フリーランスは法律的には個人事業主の扱いになります。だから成果物の出来が悪かったら単価を下げられたり、損害賠償を請求されるのではと心配する方もいるようです。安心してください、エージェントを通してのフリーランスは「準委任契約」となります。

つまり、成果物ではなく、作業そのものにお金を払う形式になるので、たとえプロジェクトが失敗に終わったとしても責任を問われることはありません

未経験でもフリーランスになれる?

残念ながら完全に業界未経験の方がフリーランスエンジニアとして働くのは難しいのが現状です。

しかし、こちらで紹介している無料のプログラミングスクールに通って

www.utali.io

IT企業に就職して最低1、2年の実務経験を積めば、晴れてフリーランスとして開業することができるでしょう

もちろんプログラミングには向き不向きがありますから、自分の適性を見極めて、ITエンジニアを目指すかどうかを決めてくださいね。