UTALI

みんなの役に立つ情報をどんどん公開していきます

音楽家の権利を侵害しているのはJASRACのほうかもしれない

日本音楽著作権協会(JASRAC)が音楽教室での演奏に対して著作権料を徴収する方針を決めたことに対して、さまざまな意見が飛び交っているようです。

JASRACは著作権法を振りかざし、音楽家の楽曲を無断使用することは、音楽家の権利を侵害し、利益を不当に奪っている奴ら(ここでは音楽教室?)を取り締まらなくてはならないという主張をしています。

確かに著作権法第1条には、その趣旨が定められています。

著作権法

第一条  この法律は、著作物並びに実演、レコード、放送及び有線放送に関し著作者の権利及びこれに隣接する権利を定め、これらの文化的所産の公正な利用に留意しつつ、著作者等の権利の保護を図り、もつて文化の発展に寄与することを目的とする。 つまり、著作者たる音楽家の権利を守りつつ、音楽文化の発展にも配慮しなければならないわけです。

しかし、実はここで疑問点があります。本当にJASRACは音楽家の権利を守るため、そして音楽文化を振興するために行動しているのでしょうか?

この点についてはかなり怪しいところがあります。

音楽が価値を生む理由

そもそも、音楽の本来の価値はどこから生まれてくるのでしょうか?

音楽が創造される最初の段階では、作曲家は楽譜に音符を配置して、作詞家はその音楽に詩をつけます。その順番は逆のこともあるし、同時に行われることもあります。しかし、この時点では音楽はその本来の価値を全く発揮していないでしょう。

音楽というのは演奏されることで、本来の価値を発揮するものです。

作曲だけされて、実際には演奏されない音楽は何の価値を持たないのと同じではないかと思います。

これは以下のようなたとえ話をすることも可能でしょう。

設計だけされて、実際には生産されなかった車は、自動車メーカーには何の利益ももたらさないはずです。

コーディングだけされて、実際に使われなかったソフトウェアは、プログラマーに1銭のお金ももたらさないでしょう。

これらと同様に、作詞・作曲だけされて、実際に演奏されない音楽が、音楽家に利益をもたらすことはないはずです。

むしろ、音楽教室やジャズ喫茶でアマチュアの演奏を聴いた人は「この曲のオリジナルってどんな人がどんな風に演奏しているのだろう」と興味をもって、オリジナルの曲を聴こうとするのではないかと思います。

ある人は、街中で流れている音楽を聴いたことをきっかけに、オリジナルのCDを買い、

「いい曲だな。どんな人が歌っているのだろう」

とそのミュージシャンを知り、ファンになるということもあるでしょう。

実際、音楽が価値を生み、ミュージシャンに利益をもたらす仕組みというのはかなり複雑なものであります。

それは単純にCDの売り上げや楽曲使用権にとどまらず、グッズの購入やコンサートのチケット、あるいはファンによるカンパなど、多岐に渡るはずです。そして、それらの動線になるのが、実際に自分の楽曲が使用されることであり、街中である程度自由に音楽が流されるような環境であるはずです。

だから、単純に

「著作権侵害の疑いがあるものはすべて取り締まれ!」

というJASRACの姿勢には正直、賛同できないのが自分の意見です。

現行の法律で著作権侵害が親告罪になっているのも、おそらくその辺りのバランスを配慮した結果なのでしょう。つまり、音楽家は、ある程度、自分の楽曲を自由に使ってもらうことで、自分の楽曲の魅力や知名度を大衆に広めることができ、ファンを増やし、結果としてCDやグッズの購入やコンサートへの動員に結びつけることができるというのです。

音楽ではなく、漫画ではありますが、自分の作品を無料で提供することで、知名度を大幅にあげるという戦略が奏功している例があります。

それが、「ブラックジャックによろしく」「海猿」などで有名な漫画家の佐藤秀峰さんです。

出版社の自身の作品の無断改ざんなどに激怒した佐藤さんは、出版社と決別し、人気漫画『ブラックジャックによろしく』を2次利用可能な形で無料ダウンロード公開しました。

www.itmedia.co.jp

漫画家の佐藤秀峰さんは、昨年9月に「ブラックジャックによろしく」を2次利用フリー化してから半年間で、自身の作品の電子書籍売り上げからのロイヤリティ収入が約3700万円に上ったとブログで明らかにした。

注目すべき点は、作品の2次利用、つまり、広告やパロディなどに自分の作品を使ってもらうことによって想像以上のシナジー効果をもたらしたという点です。これによって新たな仕事を受注するなどの結果につながったのです。

 ソフトバンクモバイルの広告「ホワイトジャックによろしく」にパロディ漫画が使われるなど、2次利用も活発に行われており、これまで200件以上の利用があったという。広告に利用するために「ブラよろ」新作を描き下ろしてほしいという依頼も増えるなど、2次利用フリーをきっかけに読者もビジネスも拡大している。

これは音楽業界にもあてはまりそうです。

音楽教室でミュージシャンの曲に接した生徒はその曲が気に入って、その人のファンになってCDを購入したり、コンサートのチケットを購入するかもしれません。

この音楽家に利益を持たらす因果関係の複雑さを無視しているのがJASRACの1つの問題点でしょう。

音楽家に主導権が渡るように

JASRACの強引な姿勢が反感を生む理由の一つには、音楽家自身が、みんなにどのように曲を使って欲しいのかを決めることができないという点があると思います。

ある人は、それこそ、自分のCDを勝手にコピーされたりしないかぎりは、自由に使ってもらいたいと考えているかもしれないし、別の人はそうでないかもしれない。

実際にシンガーソングライターの宇多田ヒカルさんや

『残酷な天使のテーゼ』の作詞者である及川眠子さんも

世界的に活躍されているピアニストの坂本真由美さんも

結局のところ、音楽家側に自分自身の楽曲の使われ方を自由に決める裁量がないというところが、実はJASRACの一番の問題点なのかもしれないと思います。

www.sponichi.co.jp

著作権に詳しい福井健策弁護士は「楽曲の著作権は、管理団体に信託譲渡した時点で、作者も自由にできない」と話した。「“著作権料はいらない”と宣言しても徴収される」という。

つまり、JASRACは音楽家の意向を無視して、一律な厳格な著作権を主張することによって、間接的に、音楽家の権利を侵害している可能性があると言えるかもしれませんね。