UTALI

みんなの役に立つ情報をどんどん公開していきます

GMOのWordPress専用サーバー Z.com WP がなかなか良さげだったので紹介

GMOのWordPress専用サーバー Z.com WP がなかなか良さげだったので紹介します。

WordPressは自由でSEOに強いけど・・

Webサイトやブログを始めるのは今やWordPressを使うのが普通になりました。一方でWordPressは自由度が高く、検索上位に表示されやすい反面、運用にプログラミングやサーバー管理の知識が必要で、バージョンアップなどの保守管理を怠ると、ハッキングの被害にあってサイトが改ざんされしまったり、ウィルス感染でWebサイトが乗っ取られてしまうなどのリスクがあります。

もちろん事前にWordPressの知識をアップデートして、しっかりと対策を行えば問題はないのですが、プログラマやITエンジニアならともかく、別に本業があってその宣伝などでWordPressを仕方なく使っているだけの場合など、そこまでの時間を割くことができないという場合も多いと思います。

WordPress専用サーバーが便利

そこでおすすめするのはWordPress専用サーバーです。

WordPress専用サーバーを使うと面倒なWordPressのバージョンアップなどの設定を全てサーバー業者が背後で管理・代行してくれるので(もちろんドメイン設定などの簡単なことは自分で行います)プログラミングやサーバーの専門知識のない人でも簡単に安全にWordPressを利用できます。

その中でも特におすすめなのはGMOグループの提供するWordPress専用サーバーの「Z.com WP」です。

z.com

イメージキャラクターに香川真司選手を採用するなど一時期話題になりました。

z.com

Z.com WP

なぜZ.com?

  • 安い
  • 早い
  • 安全
  • かんたん
  • 急激なアクセス増加に耐えられる
  • 複数サイトの運営も可

安い

Z.com WPではサーバーの利用にかかる初期費用が1000円に抑えられています。これのどこが特別なのでしょうか?

実はレンタルサーバーの利用を開始するには、初期費用を一括で3000円以上も払うことを強制する業者も多いのです。

もし、最初にまとまった額の初期費用を払うとなると、なかなか気軽に利用を開始する気にもなれません。

「初めてのサーバーはどうなんだろうか?とりあえず試してみよう。もしあまり良くなかったら、利用を中止しよう」

と気軽に性能や利便性をテストすることが可能なのは、Z.comの優れたポイントだと思います。

そして何よりも月額の利用料金は最安のエントリープランで460円に抑えられています。長期で契約するとさらに安値の月額400円にまで抑えられるのです。

料金体系とスペックの対応を表にまとめました。こちらを参考にどうぞ

Z.com エントリープラン ベーシックプラン ビジネスプラン
初期費用 1000円 1000円 1000円
最低利用期間 3ヶ月 3ヶ月 3ヶ月
料金(1ヶ月払い) 460円 1240円 2200円
料金(1ヶ月払い) 430円 1150円 2070円
料金(1ヶ月払い) 400円 1060円 1900円
料金(1ヶ月払い) 400円 1060円 1900円
固定IP(1月) 350円 350円 350円
独自SSL(1月) 100円 100円 100円
同時に利用できるWordPressの数 5 10 30
ディスク数 10GB 30GB 100GB
MySQL容量 1GB 3GB 10GB
データ転送量目安(1日) 15GB 50GB 200GB
オートスケール ×

注意点としては「データ転送量目安」の目安で、これ以下であれば、ほぼ遅延なくサイトを表示できるということで、この数値を超えたからといってサイトにアクセスできなくなるわけではないので安心してください。

一番安いエントリープランの場合、1日の転送量目安は15GBですが、これがどれくらい大きな数値であるかを説明します。

普通のウェブサイトの場合、1ページの容量の目安は1MB以下です。ここで余裕を持って1ページ1MBと仮定しましょう。

1GB=1000MBなので1日あたり15000アクセスまで余裕を持って大丈夫ということになります。

中小企業やお店の公式サイトなど、普通のウェブサイトであれば1日1万アクセスを超えることは滅多にありません。

一日あたり多くて1000、2000アクセスくらいが山でしょう。

つまり、データ転送量を気にする必要はないということです。

より詳しい料金体系は公式サイトで確認してください

Z.com WPの公式サイトに移動

早い

WordPressの欠点としてアクセスに対してのリスポンスが遅いことがあるのですが、Z.comは主に3つの手段を使ってこの問題に対処しているようです。

  • SSD
  • キャッシュ
  • 10Gbpsの高速通信回線

SSD

大抵の格安レンタルサーバーではハードディスク(HDD)をデータストレージに使っていると思います。しかし、ハードディスクの読み込みは非常に遅いため、特に頻繁にアクセスのあるウェブサイトなどで利用すると、性能のボトルネックになり、サイトの表示時間が大幅に増加しまうことが多いのです。しかし、SSDは特にデータの読み込みに関しては非常に高速であるために高いパフォーマンスが期待できます。

Z.comでは、すべてSSDを採用しており、それゆえに高速化が期待できるのです。

キャッシュ

WordPressのようなブログシステムでは、ページへの訪問があるたびに、ページを作成して表示します。同じの内容のページを別々のユーザーが何度も訪問することになるので、そのたびにページを作っていたのでは非常に効率が悪いです。そこで、一度作ったページを保存しておいて、それを見せるようにすれば、高速化が期待できます。このような設定をユーザー個人で実行するのは、本来、非常に面倒な作業なのですが、Z.comでは、あらかじめ設定済みとなっています。

10Gbpsの高速通信回線

そのほかにもZ.comでは毎秒100億ビット(10Gビット)のデータを送れる高速ネットワークを採用しており、画像の多いページであっても大量のアクセスを余裕で裁くことが可能です。

安全

WordPressは自由度が高い反面、普通のレンタルサーバーで安全に運用するにはそれなりの知識と手間が必要になります。

でも安心してください。Z.comでは専門知識も手間も必要なく安全にWordPressでサイトを運用することが可能です。

自動バックアップ

WordPressはその自由度の高さから非常に評判のよいブログCMSですが、設定を間違えたり、誤って変な操作をしてしまうと、バグを起こして動作しなくなってしまうことがあります。Z.comでは1日に1回バックアップをしているので、もし、バグを起こしてしまっても、ボタン一つで、元の状態に復元することが可能です。

ステージング環境で安全に設定変更も!

テーマの変更や公開前のページの確認など、WordPressで運用しているサイトに重要な変更を加える前に、本番と同じサーバー環境でテストを行うことができます。このステージング環境で動作やコンテンツの表示などの最終確認が可能です。もちろん表示には認証が必要なので、第三者に公開前のコンテンツ見られる心配はありません。

簡単

WordPressをレンタルサーバーに一から導入するのは意外に面倒な作業になりがちです。特にITの知識が乏しかったり、難しく感じられる人にとっては、苦痛極まりない作業になると思います。

さらにユーザーを悩めるのは、セキュリティの問題です。WordPressは世界で非常に人気のあるブログCMSであるために、常に悪意を持ったクラッカーに狙われています。もし、セキュリティ上の弱点が発見されると、WordPressの開発者たちによって、すぐに対策済みのバージョンが作成されます。この最新バージョンにアップデートすることで、セキュリティ対策もほとんど完了するのですが、このバージョンアップは初心者には難しいという欠点がありました。

自動セットアップ・自動バージョンアップ

しかし、Z.comではデフォルトでWordPressの設定がすべて完了しており、しかも、バージョンのアップデートも自動で行われます。これは他社のレンタルサーバーにはない優れた特徴です。

急激なアクセス増にも

WordPressにも弱点があります。それは、同時に大量のアクセスが集中すると、一時的に動作しなくなってしまう現象が発生することです。これはサーバーの能力にもよるのですが、目安として、一般的な低価格帯のレンタルサーバーでは、同時に1000以上のアクセスがあると、サーバー内部のエラーが発生しやすくなってしまいます。

WordPressで有名なエラーと言えば「データベース接続確立エラー」です。

これはサーバーの能力の限界を超えたアクセスが集中するとWordPressがページを表示することができなくなり、代わりにエラー画面が表示されます。

特にお店や自営業などのビジネスをやっているとテレビやマスコミなどに取り上げられて突発的にアクセスが殺到することがあります。この時にサイトを見せることができないと大きな損失につながります。

しかし、Z.comではアクセスが急激に増えると、自動的にサーバーの能力を上げるように設定されているので、アクセスが増えたのにサイトが落ちて見られない!

といったことも起きません。

複数サイトの運営も可

またZ.comではエントリープランでは5まで、ベーシックプランでは10、ビジネスプランは30まで、WordPressでの複数サイト運営が可能になっています。

もちろん、ディスクとMySQLの容量が許す限りですが、複数のサーバーを借りなくても、複数のブログを運営できるのは嬉しいことです。

使い方

次は実際にZ.comでWordPressのサイトを立ち上げる手順を実演してみたいと思います。

まずは以下の画像をクリックして公式サイトに移動して申し込むことができます

z.com

1.プランを選択する

最初にプランを選択します。1カ月単位から、6カ月、1年、2年契約プランがあり、期間が長いほど1月あたりの料金が安くなります。ここではとりあえずテストということもあり、1カ月を選択します。

f:id:mochizuki_p:20170131213033p:plain

メールアドレス・パスワードを入力します。パスワードは半角英小文字と半角英大文字と半角特殊文字または半角数字の少なくとも3種類を組み合わせた9文字以上で入力してする必要があります。面倒ですが安全なパスワードの条件としては最低その程度が必要なのです。

入力が完了したら、一番下の「新規登録」をクリックします

f:id:mochizuki_p:20170131213039p:plain

すると、ポップアップが立ち上がり、「上記のメールアドレスで登録しますか?」と聞かれるので、メールアドレスが間違っていないことを確認した上で、「上記のメールアドレスで登録するをクリックします」

f:id:mochizuki_p:20170131213044p:plain

次に登録者の個人情報を記入します。ここで必要になるのは

  • 氏名
  • 生年月日
  • 性別
  • 住所
  • 電話番号

の5つです。これらを順次入力してから、一番下にある「お支払いに進む」のボタンをクリックします。

f:id:mochizuki_p:20170131213050p:plain

f:id:mochizuki_p:20170131213056p:plain

f:id:mochizuki_p:20170131213104p:plain

支払いの方法を選択します。

  • クレジットカード
  • 銀行振込
  • コンビニ支払い
  • PayPal
  • AliPay

の5種類が選択できます。クレジットカードが一番便利だと思いますので今回はこれを選択します。 カード番号・カードの有効期限・セキュリティコードの3つを入力します。

そして、最後に一番下のボタンをクリックします。

f:id:mochizuki_p:20170131213109p:plain

問題がなければ、このような画面が表示されます。

このままWordPressをセットアップするために「My Room へ」をクリックします。

f:id:mochizuki_p:20170131213121p:plain

次の画面の中央付近にある、青い文字で表示された「サーバー初期設定」をクリックします。

f:id:mochizuki_p:20170131213125p:plain

これはWordPressの初期設定として利用する情報を入力する画面です。ここで入力した情報はあとでWordPressのログインに使用するので、絶対になくしたり、人に見せないでくださいね。

  • ドメイン名
  • ユーザー名
  • パスワード
  • メールアドレス

初期設定としてwebstartedz.comのサブドメインを指定します。ここではmochizukiで設定します。

f:id:mochizuki_p:20170131213131p:plain

ここで入力するメールアドレスは、パスワードを紛失した時のリセットに使用されるので、間違えたりしないようにしてください。

また「3.オプション」の欄は、現時点では無視してください

入力が完了したら、画面一番下の右側にある「決定」をクリック

f:id:mochizuki_p:20170131213138p:plain

するとWordPressサーバーの作成が始まります。

f:id:mochizuki_p:20170131213143p:plain

このような表示に切り替わったら大丈夫です。

f:id:mochizuki_p:20170131213149p:plain

この時点でWordPressサーバーが完成し、起動しています。

実際に確認するために、先ほど入力した初期設定のドメインに移動しますmochizuki.webstartedz.comですね

f:id:mochizuki_p:20170131213206p:plain

この画面に戻り

青い文字のリンクをクリック

f:id:mochizuki_p:20170131213149p:plain

ダッシュボードをクリックするとログイン画面に移動できます。

f:id:mochizuki_p:20170131230650p:plain

あとは、通常のWordPressと同じような操作をすればよいのですね。

どんな用途に向いているのか?

個人的には、中小企業・個人事業主のコーポレートサイトに最適だと思います。それは、オートスケールや自動バックアップなど、信頼性の高い仕組みになっているからです。もし、エラーでサイトが見られなくなったり、バグでデータを喪失したとなると、事業の信用にも関わり、よくないことですから

もし、この記事を見て、Z.comが気になった方は一度試してみてはいかがでしょうか?

お申し込みはこちらから!

z.com

Z.com WP