読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

望月いちろうのREADME.md

書き溜めておいた技術記事や旅行記のバックアップです。

imagemagickをインストールする - Ubuntu,CentOS,Mac

f:id:mochizuki_p:20161225012151p:plain

コマンドラインで画像処理をするためのソフトとして有名なimagemagickを導入する方法についてここに記します。

Mac(OSX)

brewで一発です。

brew install imagemagick

動作確認

Version: ImageMagick 6.9.4-1 Q16 x86_64 2016-05-10 http://www.imagemagick.org
Copyright: Copyright (C) 1999-2016 ImageMagick Studio LLC
License: http://www.imagemagick.org/script/license.php
Features: Cipher DPC Modules 
Delegates (built-in): bzlib freetype jng jpeg ltdl lzma png tiff xml zlib

Linux

Linuxで利用する場合はサーバーサイドでの画像圧縮が主な使用目的だと思いますが、その場合は注意すべきことがあります。

それはimagetragickと呼ばれる脆弱性の問題で、古いバージョンで、画像ファイルに埋め込まれた攻撃用コードが実行されるリスクがあることです。

常に最新版を利用するようにしてください。

今回は7.0.4を利用します。

まずはソースを公式サイトからダウンロード

wget http://www.imagemagick.org/download/ImageMagick-7.0.4-0.tar.gz

次に展開してホームに入ります。

tar xzf ImageMagick-7.0.4-0.tar.gz
cd ImageMagick-7.0.4-0

次にmakeファイルを作成してコンパイルを実行

./configure && make
sudo make install

依存関係のエラーが発生する場合があるので以下も入力しておいてください。

sudo ldconfig /usr/local/lib

動作を確認

Version: ImageMagick 7.0.4-0 Q16 x86_64 2016-12-22 http://www.imagemagick.org
Copyright: Copyright 1999-2017 ImageMagick Studio LLC
License: http://www.imagemagick.org/script/license.php
Features: Cipher DPC HDRI OpenMP 
Delegates (built-in): xml zlib

一括で展開、インストールを行う。シェルスクリプトを用意しました。

使い方は、

./ imagemagick.sh

でOKです。

imagemagick.sh

#!/bin/bash

version="7.0.4-0"
wget "http://www.imagemagick.org/download/ImageMagick-${version}.tar.gz"
tar xzf "ImageMagick-${version}.tar.gz" 
cd "ImageMagick-${version}"

./configure

make
sudo make install
sudo ldconfig /usr/local/lib