UTALI

書き溜めておいた技術記事や旅行記のバックアップです。

運用中のブログを途中から独自ドメインに変更する - Amazon Route53 と はてなブログの場合

Amazon Route53で取得したドメインをはてなブログで運用する方法

先日はてなのサブドメインで運用してきたブログを独自ドメインに移行しました。

これ自体はありふれたネタなんですが、お名前.comで取得したドメインをはてなで運用する方法について記事はたくさんありますが、Amazon Web Serviceで取得したドメインをはてなブログで利用する記事はあまり無いように思います。

そこで、技術的に大したことでは無いのですが、Amazonのドメイン管理サービスである Route53 で購入したドメインをはてなブログに設定するデモを行ってみたいと思います。

なぜRoute53を利用するのか?

正直、Route53は日本人にとっては使用しづらいサービスです。

UIはすべて英語のみですので、ある程度英語がわかる方でないと、トラブル時の対処ができないと思います。

しかし、それを差し置いてもRoute53を利用するメリットが多くあります。

ioやdeなどのかっこいいドメインが安く運用できる

最初の利点としては、ioやdeなどの、かっこいいドメイン(主観ですが)が安価に運用できる点です。

ioドメインは海外のテック業界で盛んに利用されているドメインですが、これは国内のサービス、たとえば、ゴンベイドメインを利用すると8.640円も掛かります。

しかしこれはRoute53では$39、つまり、現在のレートで、4000円台で利用できることになります。

またドイツに割り当てられているドメイン(なぜか国外に開放されている)は3.780円、しかし、Route53では$12、つまり、たったの千円台で運用できることになります。

はてなブログでioドメインを運用してみよう

今回はRoute53で取得したioドメインを、初期設定のドメインで運営していたブログで利用できるようにするまでのデモを実行します。

最初にAmazon Web Serviceにログインして、ホーム画面に移動します。

f:id:mochizuki_p:20161115213515p:plain

そしてRoute53にログインします。

f:id:mochizuki_p:20161115212546p:plain

最初にでてくるこの画面で、左端にある。メニューからRegistered domainsをクリックします。

f:id:mochizuki_p:20161115212603p:plain

次の画面で、一欄から利用したいドメインをクリック。このデモではutali.ioです。

次の画面がでてきたら、青いボタンのCreate Record Setをクリック。

すると右側にCreate Record Setが出てきます。

f:id:mochizuki_p:20161115212833p:plain

次からが一番重要な部分です。絶対に間違えないようにしてください。

  1. Nameの欄にドメインのサブドメイン名を入力します。特に理由がない限りwwwを入力します。
  2. Typeの欄に、CNAMEを指定
  3. TTLに3600を半角数字で入力
  4. valueの欄にはhatenablogを指定する
  5. 1~4の事項がすべて完了していることを確認したら、青いボタンのCreateをクリックします。

もしうまくいけば、画面中央のリストにwwwで始まるドメイン設定が追加されるはずです。

f:id:mochizuki_p:20161115212854p:plain

この例では

  • Nameの欄にwww.utali.io
  • Typeの欄にCNAME
  • Valueの欄にhatenablog.com

が入力されているはずです。あなたの取得したドメインの場合ではNameの箇所だけが違っているはずでしょう。

ここまで上手くいったことが確認できたら、はてなブログの管理画面に戻ります。そして左側のメニューから設定を選択します。

f:id:mochizuki_p:20161115212937p:plain

そして詳細設定を選択して独自ドメインの欄に先ほど設定したドメインを入力します。

f:id:mochizuki_p:20161115213324p:plain

Amazon Route53での設定が反映されているのを確認するには、「ドメイン設定をチェック」をクリックします。

もし成功していれば、「ドメインの設定状況: 有効」 が表示されるはずです。

そして一番下の 「変更する」 ボタンをクリックして終了です。

最後にブラウザから独自ドメインが有効になっているかを確認してみたいと思います。

ブラウザの一番上にある窓(URLを入力する箇所)に先ほど設定したドメイン(ここではwww.utali.io)を入力してエンターキーを押します。

うまくいっていれば、正常にサイトが表示されるはずです。

独自ドメインに変更してアクセスが落ちないか心配

基本的にはてなブログでは、ドメインを変更すると元のドメインから変更後のドメインへと301リダイレクトが指定されます。これはGoogleのクローラに、ドメインの変更を伝えるもので、これによって、元のドメインの評価は変更後の独自ドメインに受け継がれます

でも落とし穴も

1つの問題点としてはDNSサーバーの利用料が1月あたり0.5$程度かかってしまうことがあります。お名前.comのような国内のレジストラだとここは無料なので、少し不満に感じてしまう点です。