読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

望月いちろうのREADME.md

書き溜めておいた技術記事や旅行記のバックアップです。

chat.postMessage - チャンネルに投稿を行うorメッセージを送る

Slack

f:id:mochizuki_p:20160924214028p:plain

chat.postMessage

Slackでメッセージを投稿するためのアクセスポイントです。メッセージはパブリック、プライベートおよびダイレクトメッセージを含みます

利用には事前にこのアクセスポイントが利用できるスコープを持ったアクセストークンを取得する必要があります。 アクセストークンの取得には以下のページを参照してください

mochizuki4.hatenablog.com

アクセスポイント

https://slack.com/api/chat.postMessage

パラメーター

引数 必須か? 説明
token  事前に取得したアクセストークン、OAuthで取得するのが安全 
channel 投稿を行うチャンネル(グループ)を指定する。
text 投稿内容、日本語を投稿するにはエンコードが必要です。
parse ×  メッセージの扱いを指定する。デフォルトではnone
link_names ×
attachments × 構造化されたメッセージを投稿する。詳しくは以下で説明
unfurl_links true 投稿が折りたたまれないようにする
unfurl_media × 投稿された画像や動画が折りたたまれないようにする
username × ボットの投稿名を指定する。この場合はas_userをfalseに設定する
as_user × ユーザーとして投稿を行う。この機能を利用するにはアクセストークンの権限でclientまたはchat:write:userを指定する必要がある。
icon_url × イコン画像のURLを指定する。as_userをfalseに設定する必要がある。
icon_emoji × 絵文字をアイコンとして利用する。

as_user

これを無効にするとボット投稿として認識され、タイムラインにはBOTのマークが付いて投稿されます。 無効の場合はusername,icon_url,icon_emojiの値を指定することができます。

channel

投稿先のチャンネルを指定します。#generalに投稿する場合はクエリに"#general"かエンコードされたチャンネルIDを指定すれば大丈夫です。チャンネルIDを取得するにはchannels.listにアクセスします。

text

textでは投稿内容を指定しますがそのフォーマットにはいくつかの注意点があります。 詳しくはこのページを参照してください。

mochizuki4.hatenablog.com