読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

望月いちろうのREADME.md

書き溜めておいた技術記事や旅行記のバックアップです。

Raspberry piの初期設定

Raspberry Pi Linux

カードリーダー, MicroSDカードを準備する

自分が使用しているカードリーダー

MicroSDカードは最低でも8GBの容量が必要です。また書き込み速度が速いほどOSの動作が快適になりますのでClass 10のものをおすすめします。

OSをMicroSDに書き込む

raspberry piでは最初にOSにインストールする必要があります。一般的に利用されるのがraspbianです。raspbianはdebian系列のlinuxディストリビューションなのでubuntuに使用している方は簡単に馴染めるはずです。 まずはraspbianの公式ページにジャンプしましょう。

f:id:mochizuki_p:20161028060726p:plain

インストールが完了したらMicroSDカードを用意します。まずはパソコンに接続してください。

確認すべきことがあります。ホームからこのMacについてをクリックして画面を開きます。

f:id:mochizuki_p:20161028060225p:plain

そしてシステムレポート画面を開きます。 f:id:mochizuki_p:20161028060240p:plain 次にUSBを開きます。

ここでUSB装置ツリーから、接続したUSBまたはUSBカードリーダーの欄をクリックして、詳細を確認してください。 f:id:mochizuki_p:20161028060327p:plain 確認しなければいけないのはBSDです。 f:id:mochizuki_p:20161028060411p:plain ここで注意して欲しいのはカードリーダーとSDカードのBSD名両方がありますが、カードリーダーを確認してください。

新品で購入した場合も念のためFAT32フォーマットをすると安全です。コマンドは

diskutil eraseDisk FAT32 RASPBIAN /dev/disk3

RASPBIANは任意の名前を設定してください。注意して欲しいのは diskの後の数字で、ここでは3を指定していますが、最初に確認したBSD名の最後の数字を入力します。

Started erase on disk3

Unmounting disk

Creating the partition map

Waiting for the disks to reappear

Formatting disk3s2 as MS-DOS (FAT32) with name RPI

512 bytes per physical sector

/dev/rdisk3s2: 30121200 sectors in 1882575 FAT32 clusters (8192 bytes/cluster)

bps=512 spc=16 res=32 nft=2 mid=0xf8 spt=32 hds=255 hid=411648 drv=0x80 bsec=30150656 bspf=14708 rdcl=2 infs=1 bkbs=6

Mounting disk

Finished erase on disk3

次にSDカードをunmountします。

diskutil unmount /dev/desk3

成功したら次のような表示が出るはずです。

Unmount of all volumes on disk3 was successful

さてここが重要です。さきほどダウンロードしたRaspbianのimgファイル(OSのイメージ)をSDカードにインストールします。

コマンドは

sudo dd bs=1m if=/Users/mochizuki/Downloads/2016-05-27-raspbian-jessie-lite.img of=/dev/disk3

ifにはダウンロードしたイメージファイルのパスを指定して、ofで指定したdiskの後の数字は最初にメモしたSDカードのBSD名と同じ数字を指定します。

1354752+0 records in

1354752+0 records out

1387266048 bytes transferred in 2264.552196 secs (612601 bytes/sec)

書き込みが終わりました。筆者の環境では30分ほどかかってしまいましたが、ほかの方はもっと早く終わっているようです。おそらくカードリーダーの性能の問題でしょう。

完了したら、SDカードを取り出します。

diskutil eject /dev/disk3

こうしたら安全にディスクを取り外すことができます。