UTALI

みんなの役に立つ情報をどんどん公開していきます

【気軽に楽しめる】東京から日帰りで行ける青春18きっぷおすすめ旅行プラン5選

一回あたり2380円で日本全国のJRの普通・快速列車が乗り放題の青春18きっぷはすっかり有名になりました。

今回は東京から日帰りで気軽に車窓や観光が楽しめそうなプランをダイヤ付きで5つ選びました。

旅行プランを立てる参考になれば幸いです。

1. 中央本線〜小海線 - 高原リゾートで涼しさを楽しむ

東京の蒸し暑い夏にうんざりしている人におすすめなのが、八ヶ岳山麓の高原で避暑を兼ねた観光を楽しむプランだ。この小海線は日本の鉄道路線でもっとも標高の高い地点を通過することで知られている。その最高地点の標高は1375mで東京スカイツリーや高尾山のてっぺんよりも高い計算となる。もちろん国内最高地点にある駅である「野辺山駅」も是非立ち寄りたいところだ。

小海線の起点となる「小渕沢駅」には普通列車のほか、臨時快速列車の「ビューやまなし」号の利用が便利だ。今や乗る機会の少ないオール2階建車両を利用しており、停車駅も特急並みに少ない。是非利用をおすすめしたいところだ。なお「ビューやまなし」は一部指定席となっており、もし座席の確保が心配であれば、事前に指定席を取っておきたい。

www.utali.io

なお2017年の7月1日からは小海線に新しい観光列車の「HIGH RAIL 1375」が運行を開始した。

キハ100・110系を改造した車両で、特急並みの豪華な座席と高原の美しい車窓を楽しめるような展望座席を備えた興味深い車両だ。全車指定席で、指定券は少々高めの820円(子供は410円)となっている。

運転日は限定されているが、基本的に18きっぷシーズンは火曜日を除く毎日運行で、ダイヤは以下のようになっている。

この記事を見て小海線に乗ってみたいと思われた方に是非寄ってもらいたいのは、ソフトクリームが有名な清泉寮や野辺山駅近辺に散在する牧場直営のショップだ。清里駅ではレンタルサイクルの営業もあるのでそれを利用すると便利だろう。

プラン1:ビューやまなしを使う(土曜・休日のみ)

ホリデー快速ビューやまなし

新宿:09:02発 小淵沢:11:59着

小海線普通小諸行き

小淵沢:13:13発 清里:13:38着

この間、清里観光を楽しむ

小海線普通小淵沢行き

清里:17:03発 小淵沢:17:27着  

中央本線普通塩山行き

小淵沢:17:34発 甲府:18:19着

中央本線普通高尾行き

甲府:18:37発 高尾:20:06着

中央快速線 中央特快東京行き

高尾 :20:10発 新宿 :20:53着

2. 上越線 - もぐら駅と谷川岳の絶景と涼しさを楽しんで、帰りは温泉で汗を流す

やはりこちらも山岳リゾートになるのだが、こちらは少しマニアックな内容を含んでいる。鉄道ファンに有名なのは上越線の土合駅、なんとトンネルの中にある駅で、「もぐら駅」の別名で知られている。

しかも土合駅は谷川岳観光の玄関口で、ロープウェイを使えば簡単に山の上で展望を楽しむことができる。

しかも、土合駅の隣の湯檜曽駅や水上駅には風情のある温泉があり、旅の疲れを癒すこともできる。

列車の本数は少ないが、関越交通のバスを利用することで、より柔軟な旅行プランを立てることが可能だろう。

プラン

1822E 上野東京ライン 普通前橋行き

東京 06:20発 高崎 08:16着

727M 上越線普通水上行き

高崎 08:24発 水上 09:30着

1731M 上越線普通長岡行き

水上 09:47発 土合 09:56着

この間、谷川岳観光などを楽しむ

1742M 上越線普通水上行き

土合 18:16発 水上 18:28着  

750M 上越線普通高崎行き

水上 18:44発 高崎 19:48着  

1947E 上野東京ライン 普通東京行き

高崎 20:07発 東京 22:00着

3. 吾妻線 - 川原湯温泉や吾妻渓谷、草津温泉への日帰り旅

吾妻川の渓谷を車窓に楽しむことができるのが吾妻線の魅力である。特にダム建設で新しく移転した川原湯温泉は施設も新しく、近くにある吾妻渓谷と合わせてぜひ楽しんで見たいところだ。

時間の関係で同時に楽しむことは難しいが、長野原草津口からバスに乗って草津温泉に行くことも可能だ。

プラン:

1822E 上野東京ライン 普通前橋行き

東京 06:20 高崎 08:16

525M 吾妻線 普通万座・鹿沢口行き

高崎 08:53 長野原草津口 10:16

JRバス関東 草津温泉行き

長野原草津口 10:23 草津温泉 10:51

片道700円

JRバス関東 長野原草津口行

草津温泉 14:40 長野原草津口 15:05

538M 普通高崎行き

長野原草津口 15:50発 川原湯温泉 15:55着

542M 普通新前橋行き

川原湯温泉 17:55着 新前橋 19:05着

3936M 快速アーバン上野行き

新前橋 19:18発 上野 21:08着

4. 水郡線 - 久慈川の渓谷美がほぼ全線で楽しめる

車窓が楽しめる路線といっても、見どころとなるポイントはほぼ一瞬で通り過ぎてしまい。後は退屈な住宅地や田んぼの風景を見せられる羽目になってがっかりしたことは少ないないはずだ。しかし、水郡線は茨城県内のほぼ全区間で久慈川の渓谷美を楽しむことができる素晴らしい路線である。

もちろんと途中下車をして川で遊んだりすることもできる。沿線には日本三大名瀑である袋田の滝もあるが、駅からは少し離れているので、路線バスやタクシーを使うことが便利だろう。

プラン:

347M 常磐線 普通勝田行き(土曜・休日のみ運転)

上野 08:49 水戸 10:57

825D 水郡線普通常陸大子行き(土曜・休日のみ運転)

水戸 11:15 袋田 12:28

茨城交通バス

袋田駅前:12:30    袋田の滝(滝本):12:37

片道210円

茨城交通バス

袋田の滝(滝本): 16:00   袋田駅前:16:07

844D

袋田 16:46着 水戸 18:02着

454M

  水戸 18:17発 上野 20:21着

5. 内房線〜外房線 - やはり夏といえば海!!海水浴も!

やはり夏と言えば海である。せっかく18きっぷを使うのならば江ノ島や湘南の汚い海ではなく南房総のきれいな海に行くのがおすすめだ。

千葉の房総半島をほぼ一周する形になっている路線である内房〜外房線の駅からは、徒歩で海水浴場にアクセスすることも可能になっている。

おすすめの駅は上総興津駅から徒歩でアクセスできる興津海水浴場

や安房小湊駅から徒歩でアクセスできる内浦海水浴場でこちらはシャワーやトイレを無料で利用できる。

他には安房鴨川駅から徒歩でアクセス可能な前原海岸海水浴場

や御宿駅の周りには徒歩圏内で施設の充実した海水浴場が複数ある。

千倉駅から海の家2件。駐車、公共トイレ、シャワー無料。

瀬戸浜海水浴場

海に入るのはちょっと・・

という方には大原漁港に日曜限定で開催される朝市でグルメを楽しむのもいいだろう。